時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
これだけは言っておく
ろくでなし子が再逮捕された。警察の弾圧も、ここまで来ると、病理的な領域に入っているという他ない。無論、彼女が「週刊金曜日」に執筆しているマンガが再逮捕の要因になっているのは事実だろう。つまり、運動圏に対する嫌がらせである。
さて、問題は同時にパクられた北原みのりである。運動圏が標的であるとすれば、警察権力としてはこちらが本命ということになるだろう。この徒輩が、「フェミニズム」の論客として受け入れられ、一部でもて囃されて来たのは周知の事実である。
所謂オタク文化にまつわるこの薄バカの発言の出鱈目さ、愚劣さ加減については、何度も指弾したとおりである。この人物は、オタクと呼ばれる男性の性的嗜好に対し、憎悪を込めた悪罵を投げつけ、口汚く罵ってきた。個人の秘めやかな内心の領域に暴力的に踏み込み、醜悪極まりない罵言を投げつけてきた。反権力でも何でもない。「弱者には強い」という典型なのだ。私が「週刊金曜日」の購読をきっぱりやめた理由のひとつが、この人物の執筆した記事である。思い出すと胸が悪くなるのでいちいち繰り返さない。
だが、刑法175条で逮捕されたとなれば、話は別である。このど阿呆のこれまでの垂れ流し的悪罵を免罪するつもりは一切無いが、まず、性表現に対する弾圧は決して許されてはならない。これは絶対的な原則である。そして、今回のように「猥褻」を口実とした言論活動、社会活動への弾圧は許されてはならない。これも自明の理である。
よって私は、ろくでなし子再逮捕に抗議すると同時に、北原に対する不当逮捕をもまた、弾劾する。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1418-0e8749de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター