時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
過去の手帳より 2014.11.25
この間(かん)見た映画で、レビューを漏らしていたものについて触れる。

「ガールズ・アンド・パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」(監督:水島努. 脚本:鈴木 貴昭)
テレビシリーズで話題になった作品のOVA版を特別上映したもの。音響を確かめたいので、敢えて劇場に赴いた。成程、自宅視聴ではわからないな。これは。
内容はテレビ版で描かれなかった「戦車道大会」の第二試合を作品化したものだが、この手の作品はバカバカしさを楽しむものなので、あまり目くじらを立てても仕方が無い。
「万策尽きた」ためか、一部不自然な止め絵があった。止め絵は上手に使えば絶大な演出効果を発揮するが、失敗すれば只の手抜きである。それを除けば相変わらずの高クオリティで、底抜けに陽気な少女たちの姿は実に楽しい。「カリオストロ」のカーチェイスをオマージュした部分もなかなか愉快だった。

「翠星のガルガンティア~めぐる航路、遥か~」(上)(監督:村田和也 脚本:谷村大四郎)
これもテレビシリーズの延長となるOVAの特別上映で、「未来少年コナン」などの系譜に連なる海洋冒険物。
内容はテレビ版の後日譚で、元軍人の主人公レドが、人々の中に溶け込み、一人の民間人として力強く生きていく姿が描かれる。本作もなかなかよく出来ていて、嵐の場面などは実にスリリングだった。
アニメ版放送中の「寄生獣」にも通じるテーマだが、戦争機械ともいうべき存在が、社会の中で次第に「人間」になっていく有様をえがいた良作である。今回は、ラストにおや、と思う場面が挿入されているので、後編にも期待が持てる。

「サンゲリア」(監督:ルチオ・フルチ)
孤島に大量発生したゾンビを巡るパニック映画。ルチオ・フルチ特有の惨たらしい描写はあるが、ストーリーが一直線で、「地獄の門」などの作品と比べると物足りない。最後の世界中がゾンビだらけになるシーンには、なかなか溜飲の下がる思いだったが。

「ビヨンド」(監督:ルチオ・フルチ)
盲目の女性、禍々しい呪いの家など、「地獄の門」に連なる独特のケレン味が満載の作品。意味不明なものを残していても、ルチオ・フルチはこういうゴチャゴチャした作風のほうが魅力的だ。ラストに「向こう」の世界に置き去りにされてしまうシーンは実に愉快だった。諸星大二郎の作品に描かれる「黄泉の国」「常世」的な世界である。
人類史の多年にわたる蓄積が、原初の恐怖によって激しく揺すぶられ、全て否定される。こうした作品を鑑賞する醍醐味は、まさにそこにある。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1414-27d8d1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター