時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
SM、そしてサド侯爵
やれ、SMバーに政治資金をつぎ込んだだの、色々とかしましい。
基本、SMが悪いというわけではない。どう考えても目的外の行為に資金を流用していることが問題なのである。相変わらず「秘書がやりました」というお得意の伝統芸が発揮されているが、道義的責任は免れないだろう。「SMは差別だ、けしからん」などという政治主義的デクの棒は相手にしない。
SMについてはミシェル・フーコーが次のように述べている。
「SMの実践は快楽の創造であり、SMはまさしく一つの下位文化(サブカルチャー)です。それは一つの創造過程です。それは戦略的な関係を肉体の快楽の源泉として活用するのです」(ディディエ・エリボン「ミシェル・フーコー伝」)

SMという言葉が、D.A.F・ド・サドの頭文字と、ザッヘル・マゾッホの頭文字から取られているのはご存知のとおりである。だが、実際に作品に当たってみた人はそう多くは無いかも知れない。
よく誤解されているのだが、サドの小説は、SM小説たりえない。そこでは責められる対象が、快楽の陶酔に堕ちることが許されない。凌辱者達は、対象をひたすら毀損するのみである。絶望の淵に、性の虜となるような陶酔境は、サドとは無縁である。
毀損されるのは、肉体ばかりではない。この世の一切の価値そのものが、惨たらしく穢され、虐殺に付されるのだ。あの果てしない饒舌を思い出そう。自然の本質は悪である。よって、悪を行うことこそが、自然の本義にかなうことである・・・
だが、自然をアリバイとしながらも、放蕩者達の暴走ぶりは自然の玉座を軽々と乗り越えてゆき、全ての価値の座を空位にする。犠牲者達のあまたの死体が横たわる彼方に、ジュリエットの高らかな笑いが響き渡るのだ。否定への力強い意志が、そこには働いている。
あるいはジュスティーヌを、倫理的なマゾヒストとして捉える向きもあるだろう。だが、物語の末尾において、彼女には雷撃の鉄槌が下される。そればかりではない。稲妻の一閃により、破壊された彼女の惨死体には、尚も凌辱者達が群れ集うのだ。そこに自己陶酔への安住の地などあり得ない。
価値を徹底的に嗤うこと。そこにサドの小説の真骨頂か存在する筈である。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1408-988dca59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター