時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「物語」の威光
「ご聖断」、あほらしい。私の周辺にも「陛下のご聖断があの戦争を終わらせた」などと、ありがたがっているバカがいたが、大概にして欲しい。
わかりやすい例を挙げる。かつて、近衛上奏文というものがあった。大戦末期の1945年2月14日に、近衛文麿が天皇裕仁に対して提出した上奏文である。内容は、「一刻も早く英米と和平を結ぶべきだ」というものであった。
近衛の主張の動機は陰謀論に基づくトンデモである。だが、結論としては、現状敗戦は不可避であり、早期和平が必要だ、という主張を一応行っていたのである。ところが、これに対する裕仁の回答は、「もう一度戦果を挙げてから出ないと難しい」というものであった。
その結果、何が齎されたか。東京への大空爆であり、沖縄地上戦であり、広島・長崎への原爆投下である。少なくともこれらに対し、裕仁が重大な責任を負っていることは、紛れもない事実である。
この時期に「昭和天皇実録」なるものが日の目を見たことも腑に落ちないが、少なくとも、口当たりの良い「物語」に惑わされるようなことはしたくない。某スポーツ選手の活躍を、「世界に輝く日本人」の物語に仕立て上げようとしている様子を見ると、ますますその思いを深くする。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1400-cb4c3e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター