時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
いわゆるヘイトスピーチ規制法について
いわゆるヘイトスピーチ規制法に関し、高市早苗が、「国会周辺の大音量の抗議行動も規制の対象とするべきだ」という趣旨の主張をした。
この高市発言は「ヘイトスピーチ規制+騒音デモ規制」という構図をなしている。だが、ここで、「「ヘイトスピーチ規制」のみに法案を絞るべきだ」と切り返すのは極めて危うい。この議論は、「ヘイトスピーチ」の定義に、反戦運動、反原発運動などといった、あらゆる政権批判の運動が含まれてしまう可能性を完全に捨象している。論として、あまりにも無防備である。
「美味しんぼ」騒動に見られるように、私達は「脱被爆は福島差別のヘイトスピーチだ」という罵言を散々受けてきたのではなかったか。同じロジックで、こうした運動が違法とされる可能性は充分存在するのではないか。何故、政府や執行機関(警察)をそこまで信頼できるのか。これまで差別デモに対し然るべき措置を取って来なかった公権力が、法律ひとつ出来ただけで、何故反差別の味方になると信じられるのか、全くもって不可解である。
集団的自衛権問題に見られるように、この国においては、法解釈を百八十度変えてしまうことも珍しくは無くなっている。白を黒と言い換えることを平気でやるのである。ヘイトスピーチ規制が、反戦、反原発、人権擁護といった、民主主義的社会運動「のみ」に適用される可能性は、極めて高い筈である。
私としては、奥平康弘氏のいうように、ヘイトスピーチには法規制よりも「文化の力」で対抗するべきであると考えている。法律というもののもつ重みに対して、私達はもう少し緊張感を持った方がいい。良さげに見える法律が、必ずしも福利を齎すものとは限らないのである。

この主張は私が随分以前から述べてきたものである。別に特別な論ではない。内容的には単純で、少し論理的に考えれば導き出せる結論である。
にもかかわらず、Yという、人気のあるらしい社会運動家は、私を差別主義者と断定し、ありったけの罵詈讒謗を投げつけてきた。
私は身体的要因から、幼少時より散々差別を受けてきた人間である。糾弾権を被差別者から簒奪し、「自分だけが目覚めた人間だ。自分以外は無自覚な差別主義者だ」と居丈高に叫び続けるこの連中を、私は絶対に許さない。私にはこの連中が、差別問題への寄生者としか思えない。「闘っている自分は偉い」と、自らの肥大した自己愛を満たそうとしているとしか思えない。こうした手合いに対しては、絶対に容赦するつもりは無い。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1396-01297fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター