時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
手元のメモ録から(2)
ロマン・ロラン「アンネットとシルヴィ(「魅せられたる魂」第一巻)」読了。手元にある「魅せられたる魂」は全十巻の旧版で、本書はその第一分冊に当たる。
前半の異母姉妹の物語はなかなか活き活きと描かれており、読ませるものがある。だが、後半の主人公の結婚話になると実につまらない。人物像がことごとく作り物めいてくるのだ。進歩的な、女性の自立を主張する主人公と、旧態依然たる家制度に縛られる恋人との対決が描かれるのだが、いずれも理念の書割りでしかなく、活きた人間として描かれていない。結果として、主人公の人間像も、下らない屁理屈をこね回す、小うるさいだけの存在になってしまっている。
人物の性格付けを、「こいつはこういう奴なのだ」と作者が説明するくだりは、鬱陶しい限りである。あまりにも浅薄なのだ。
正しいことを描こうとしても、魅力的な作品にはならないということが、よくわかる読書体験だった。

続きを読むべきかどうか、検討中。読むにしても、もう少し先の話になりそうである。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1389-37a64b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター