時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
生贄たち
脱原発で話題になったアイドルグループ、制服向上委員会に「西暦20X0年」という曲がある。
内容を以下に記そう。
まず、西暦2010年(発表時は近未来)、周辺事態に対処するという名目で憲法が変えられ、自衛隊が軍隊になる。「遠い異国の戦いにも/戦車で乗り込んで行けるようになった」と歌われる。
さらに2020年、誰も軍隊に志願しないので、政府は徴兵制を復活させて、若者を集めようと企てる。
そして20X0年…
歌詞は次のように続く。

戦火渦巻く世界の中へ
若者を送り出すのは大人達
言葉を弄ぶ大人に煽られ
国を信じて若者が死んでいく

曲中では「国のために用意はいいか/この国のため命を捧げられるか」というリフレインが繰り返され、「こんな国のため命を捨てられるか」というフレーズで締められる。

この歌が発表されたのはだいぶ前なのだが、改めて聞くと、現在進行している事態が、何の誇張もなくそのまま歌われていることに気付く。発表時には、敢えてやや大袈裟な表現を意識していた筈なのだが、現実があっという間に追いついてしまった。ここに経済徴兵制を書き加えれば完璧である。
社会が成熟するには長い年月が必要だが、社会が崩壊するには一瞬で足りる。油断すれば、たちまちのうちに、全てが浚われてしまうというものだ。
改めて問う。こんな国のため命を捨てられるのか。
スポンサーサイト

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1384-0c213061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター