時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
慌しき日々に
出張で大阪まで出るなど、慌しい日々が続いていた。ひたすら駆け足で環状線周辺を廻っていたので特筆すべきこともない。新幹線の車中で、久しく読みさしになっていたドストエフスキー「未成年」を読了した位か。いつもながらのグダグダで屈折した性格の主人公だが、序盤のロスチャイルドを目指していたあの話はどこへ行ったのだろう。
レビューするだけの準備もないので、いい加減な感想は差し控える。ただ、各々の登場人物達に、ラスコーリニコフや、ステパン氏、ピョートル、アリョーシャなどの影が見出されるのは実に興味深い。

CAJXV2R3.jpg
スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1368-0933c53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター