時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
雑想-3.31
上橋菜穂子がアンデルセン賞を受賞したという。まずはよいニュースである。
上橋は「守り人」シリーズや「獣の奏者」でお馴染みの人で、土俗性を生かした特異なファンタジー世界を描いてきた。アニメ化された「精霊の守人」は、当たり外れの多いプロダクションIG作品の中でも、硬質な手触りのある傑作に仕上がっていたと思う。

袴田事件、漸く釈放に至った。事件から、あまりにも長すぎる時間が経過した。失われたものの大きさに慄然とするほか無い。この国には警察優秀神話が厳然として存在するが、有罪率99.9%というのは常識的に考えても異常というべきである。裁判所という司法の場が、機能していないということにもっと思いを致すべきだろう。

高橋伴明の映画「BOX袴田事件」に関する私のレビューはこちら。
http://noir731.blog106.fc2.com/blog-entry-209.html

スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1351-ec1356c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター