時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
勝っているようで、勝ってない
「一票の格差」違憲状態判決。例によって、違憲(状態)だが無効ではない、という論旨だ。
この手の「無効ではない」という判断は一応、社会的混乱を避けるためと理解されている筈である。事実、今回の判決を画期的と歓迎する識者も存在する。
だが、もうその段階はとっくに過ぎているんじゃないのか。どんなに違憲判決を下そうと、現政権にとっては蛙の面に小便だろう。「憲法?破ればいいじゃん」というのが連中の本音である。単に違憲性を指摘しただけでは、圧力にならないのだ。
よって、政権側にとってこの判決は、不満はあるものの、「勝利」と捉えられていることが想像される。
そうすると、むしろこの判決は、公正な社会に向け「一歩前進」したのではなく、有効性の確認によって、「一歩後退」したのではないかと思える。
想田和弘の指摘するように、民主主義の崩壊は日々の小さな敗北の積み重ねによってもたらされる。私達は、この「小さな敗北」を見逃し、勝利の錯覚に浮かれて来たのではなかったか。自らが厳しい場所にいることを、自覚したい。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1316-522e4aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター