時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
バブルとしてのサイバーパンク
昨日は午前0時近くまで残業。何故か今朝は平日並みの時間帯に叩き起こされる。二度寝しようとしたがよく眠れず、寝不足のまま友人との待ち合わせに向かう。明日も兄夫婦の出迎えがあるので、忙しくなりそうだ。

ブルース・スターリングの「スキズマトリックス」を漸く読了。十年以上前に購入した本だが、嫌な予感がしたため保留になっていた。結果は予想通り。ストーリーは支離滅裂で、こんなものがなぜ持て囃されたのか理解できない。末尾の部分だけ、クラーク風のハードSFの名残があったし、ユニークなアイディアだけは随所に見られた。だが、作品としては評価できない。
そもそも、サイバーパンク小説に感心したためしがない。ウィリアム・ギブスンの「ニューロマンサー」「カウント・ゼロ」「モナリザ・オーヴァードライヴ」はブームの頃に頑張って読み通した。結論は、「名作という事にはなっているが、少しもいいとは思わない」である。ちなみにこれはギブスン自身の言い回し。
「ニューロマンサー」は何とか理解しようと3回ほど読み返した。おかげで漠然と内容は理解したが、やはり人が言う程いいとは思わない。難解であるというと持ち上げているように聞こえるが、前述したように支離滅裂なのだ。ストーリーで何が起こっているのか、さらっと読んだだけではさっぱりわからない(ちなみに話の骨子は二つの巨大AIが融合して神のような存在になるというもの)。
例外としてギブスンとスターリング共著の「ディファレンス・エンジン」がある。これは比較的素直に読めたと思う。だが、この小説が前述の作品群よりもマシになっているのは、十九世紀の冒険小説の方法を模しているためである。実際、随所にコナン・ドイルなどの影響が見られる。小説の魅力とは何なのか、色々考えさせられる。

サイバーパンクに「功績」があるとすれば、それは「機械と人間(脳髄)の融合」というアイディアと、「電脳空間物」というジャンルを生み出した事だろう。これはサブカル界隈に大きな影響を生み出した。「攻殻機動隊」や「マトリックス」はその影響下にあるし、昨今では「アクセル・ワールド」などのライトノベルにもそれは引き継がれている。だが、当初目されていた文学運動としての潮流作りは、完全に空振りに終わったと思う。
個人的にはクラークやヴァン・ヴォクト、ニュー・ウェーヴ系ではベスター、P.K.ディック、ディレイニー、ベイリーのような作家に魅力を感じるし、今でもそれは変わらない。アカデミズムの空間に文化は生まれないし、それらの言説を鵜呑みにする必要もない。結局は、自分の感性を磨くしかないのである。

CALGF0E6.jpg
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
実は未来の楽しみでして(*^_^*)
お~「サイバー『パンク』」!いやぁ、そりゃあ「パンク」ですから、支離滅裂なのは仕方もないかと(微笑)
…などと、言葉遊び、ごめんなさい。実は結構好きです「ニューロマンサー」とか(汗)。だって本当に、素敵にガラクタなんですもの(にっこり)
案外、「読みやすいやさしい『物語性』が豊富な滅茶苦茶さ」に、ほっこりしたりしました。えぇ、もてはやされてた頃です。何か、識者がほめそやすのとは別の部分で自分にはヒットしました。
勿論、P.K.ディックの切ない?構築的なところなんか全然無くて、その点では「肩透かし」とも思ったり…でも何故か、「持ち上げられてた」のとは違う部分で、そこを上手く言えないんですが、好ましく感じたり…
この作品も実は未だ「後回し」です。でも、何だかこの評を拝読するに「大したことない」ような…アハハ。笑って読むかも?
「モナリザ・オーバードライブ」は、かなり好きです。でたらめかも?ですけどね、そこが(笑)。ある種の「レトロ・フューチャー」で…あぁスミマセン。自分はワクワク感だけ最高な、ペラペラさが好みなのかもしれません。不真面目さにキャア!言うような(^-^;
【2013/09/25 02:33】 URL | ふぶら #- [ 編集]

バブルの残照
あの頃は大学生。第2作目のカウント・ゼロが一番ガラクタ度合いが強かった様に覚えています。実を言うとリアルタイムの時は、三島由紀夫にハマっていたのですよ♪


コメ、何度も途中まで書いては消している内にふぶらさんに先を越されてしまいました w w


サイバーパンクの前に、ニューロマンティクス(ニューロマ)という超仇花ブームがあり、その縁で、宝島を読み始め、他にも、スキゾキッズとかトンガリキッズとか訳が解らなかった w w カッコだけ真似している奴らが多過ぎて、周りは、コムサ・デ・モード(略してコムサ)やアバハウスとかのDCブランド着て、髪を短く刈り上げ、テクノカットで、これがサイバーパンクだ!と嘘八百繰り返し、パンクス然たる、ポロシャツ、サスペンダー、ミリタリーブーツの俺は、バカにされまくり、聴いてる音楽は?と聞くと、デッド・オア・アライブかヒューマン・リーグが精々で、実際にはチェッカーズばかり聴いてる薄っぺらなのばっかし。こんなの、(サイバー)パンクじゃない、と叫んだら、更に隅に追いやられた記憶しかない。


今現在、上に挙げた連中が、どうなっているか?を知ってしまい、少しニンマリ。


本来的な意味では、アノニマスに通底していませんかね?
【2013/09/27 00:31】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]

博学がディックを狂わせている
>ふぶらさん
>ダムドさん

確かに「モナリザ~」の頃はかなり角が取れていましたね。そうなると「ニューロマンサー」のギンギラギンの雰囲気が懐かしくなったりして・・・(笑)
ディックは初期の頃は作風がややパターン化しているので、後期の神学にのめりこんでからの・・・つまり壊れてきてからの方が好きですね。作者本人は、当時「天使を見た」だのとわけのわからない言動を繰り返していたので大変だったと思いますが(「悪夢としてのP.K.ディック」)。私が一番好きなのは「銀河の壷直し」です。

当時中学生か高校生でしたが、「ユリイカ」の特集を読んで、頭を抱えていました。ニュー・アカ・ブームの全盛期のこと、やたら晦渋な論文がズラリと並んでおり、悪戦苦闘の日々でした。今思えば無駄に難解な論文でしたが、おかげで「脳トレ」にはなったと思います。その意味で、最近の「ユリイカ」は何か物足りない・・・

ニュー・アカも浅田・柄谷・蓮實の御三家には関心が無く(蓮實は嫌いながらも読みましたが)、丸山圭三郎、廣松渉はブームとは別のところで読んでいました。御三家についてはやたら人を見下した態度が大嫌いで、当時、吉本隆明が「ニュー・バカ」「(二代目)三馬鹿大将」「典型的なイモ」などと罵倒していたのを痛快に思ったものです。
【2013/09/29 10:48】 URL | のわーる #- [ 編集]

いや、いろんな音楽が(微笑)
ダムド様へ~。いゃいゃ、ヒューマン・リーグにチェッカーズ…ヨイではあぁ~りませんかぁ~?(^-^;色々な音楽演奏家がその時代と支持層によって「色付け」されるのは当然というか別にそう悪い事でもないし…趣味は幅広い方が(微笑)
てか自分、中学生位に大好きだったロックバンドを年長世代に「子ども向け」とあざけられて嫌な気持ちになった事があります。更に自分自身、オトナに見られたくて好きなバンドを「あんなんもう卒業、子ども向けだから」と迎合した恥づかしい記憶があります(一回だけですが)。…後でとても反省しました。
やはり他の方の好きな対象をばかにしたり見下したりすると、結局自分を傷つける事になると知りました。初めてこちらで告白しますが、中学生とはいえ愚かな事をしたものです。誰の得にもなりませんしね。
尚、その時「子ども向け」と自分も含めてばかにしたバンドは、後に再評価され今では古典たるT.レックスでした。マーク・ボランのリフは永遠に輝いていますね!(*^_^*)
すみません余計な事、言っちゃって…でもファンの人のお気持ちとか考えちゃうとついオバサンは(汗)
【2013/10/02 19:54】 URL | ふぶら #- [ 編集]

なくなった文庫の思い出…
のわーる様へ~。サンリオSF文庫が無くなると聞いて、あわてて複数册P.K.ディックを買い込んだはいいが「なかなか難解で読めないよぉ~(泣)」だった恥づかしい自分です。
「銀河の壷直し」も読んだ筈なのですが、頭ぐるんぐるんで訳わかんなくなった事だけよく覚えています(汗)。「流れよ我が涙、と警官は言った」だったっけな…あれはこわくて割と覚えてます。
総じて「何か切なくなる空回り」を感じて、寂しくなっちゃう自分は余りP.K.ディックの良いファンではないのでしょうね…とか知人に言ったら、「サンリオSF文庫版は誤訳の嵐だからねぇ」とか返された記憶もあります。そうなんでしょうか?(謎)
【2013/10/02 19:55】 URL | ふぶら #- [ 編集]


ふぶらさん。

おおおおーーーーー!T.レックス、偉大なり!大好き好き好き!w w 同時期のD.ボウイのジキーズ・スターダスト、スペース・オデッセイも、あと、N.Yドールズ、イギーポップ(Stooges)も!後のパンクロックに多大なる影響を与えた、先達たちでしたぁぁぁ~!
【2013/10/04 01:43】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]

お~血が熱くなってきました!(*^_^*)
ダムド様へ~おぉ!血が熱くなってきました!…決して更年期障害ではなくってョ(汗)
はい。偉大なる多くのバンド群…しかし70年代前半「グラムロック」とひとくくりにされ、相当ばかにされていた事を報告申し上げましょう。
D.ボウイやストゥージーズあたりは結構評価されてもいましたが、T.レックスは「子供向け」の単なるヒットソングメイカーで、NYドールズに至ってはデビューLPが「Music Life」誌で星2個の大酷評。思えば年長世代はプログレやサザン・ロックで「オトナぶって」いましたっけね。当時ロック喫茶でロキシー・ミュージックをリクエストしたら鼻で笑われた中学生の自分(笑)。
尤もそんな「オトナぶった」連中の高ピーな態度も、今思えば「カワイイ」気もします…そういやラモーンズだってピストルズやクラッシュやジャムだって、最初日本に紹介された時はキワモノ扱いだったかな?(苦笑)。誠に歴史は面白いものです。何が古典になるか?なんて誰にもわかりませんねぇ~。
【2013/10/04 19:31】 URL | ふぶら #- [ 編集]

感無量(←何が?)
毎週金曜日、TPPストリートミーティング #TPPちゃぶ台 から戻って来るとなかなか寝つけず困っています。

ふぶらさん。いゃあ、こうなるとね、歳際ないっす w w 日本人はホントプログレ好き多いですよね。E.L.P、キンクリ、ジェネシス、そして、そして、ピンク・フロイド。ただね、自分のカテゴリーではピンク・フロイドは、プログレではなく、リアルタイムの、ザ・フーと同じ括りですね。石坂敬一氏が、原子心母を持ってして、プログレッシブ・ロックと言おうが知ったこっちゃありまへなんだ w w

N.Y.ドールズが当時酷評されていた事も知っています。マネジャーのマルコム・マクラーレンが失意の内にイギリスに帰り、数年後、でっち上げたのが、S.ピストルズ w w 逆算式で、N.Y.ドールズを知りましたが、良いものは良い!だって仕方がない、好きなんだもん w w。

ザ・ジャムは、リアルタイムで、ザ・ポリス、ザ・ブームタウンラッツと同時に知りましたが、やっぱ全部好き!ネオ・モッズムーヴメントなんてのもありましたなぁ、懐かしい。

しかし、ラモーンズのオリジナルフロントマン3人、クラッシュのジョー・ストラマー、ザ・フーのキース・ムーンとジョン・エイントウィッスル(死に方がアレですが)、そして、マルコム・マクラーレン、全員揃って物故者って、そりゃ俺も年取る訳か(シド・ヴィシャスは何だったのだ?)。あぁ、やりきれん。

ええと、何の話でしたっけ?
【2013/10/05 03:05】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]

何か個人的にひとつ解けたような?
ダムド様~プログレも色々ですょね。ジェネシスは英国本国での人気の割に日本では人気イマイチ…という感じでしたが。ELPやクリムゾン、YESあたりは大層人気で。P.フロイドは初期メンバーのS・バレッドが居た頃と以降ではかなり別のバンドですよね。まぁ鬼籍に入る方も…と。
しまった元の話が!

のわーる様へ~。そんなダムドさんの話から思い出したのは「ロッキー・ホラー・ショー」。70年代前半に英国でミュージカルがあると知り…実は日本にも舞台は来たけど「所詮二流」と不評だったとか?当時の日本人にはまだ「B級をいとおしむ」余裕が無かったのかも。「失われたB級映画への愛」一杯で、後に映画がカルト映画の古典になりました。
そこで何となく得心…
自分にとってサイバーパンクは「時間軸逆向きのロッキー・ホラー・ショー」の魅力に近いみたいです。「失われたB級への愛」ではなく、「まだ見ぬガラクタに夢中!」…いとおしいワクワクは同じなんですけど。
自分がサイバーパンクに感じていた不明な魅力が解けた様で、個人的に納得しちゃいました…(汗)。
【2013/10/06 02:32】 URL | ふぶら #- [ 編集]

すみません誤記訂正します
すみません誤記訂正します。ピンク・フロイドの初期メンバーの姓は「バレッド」ではなく「バレット」でした。訂正してお詫び申し上げます。
綴りは確か「Syd Burrett」だったかしら…最後に「e」はいらなかったと思うのですが…又間違えてたらごめんなさい。
さすがに更年期障害に悩む年齢ともなりますと(とほほ)、記憶力もサッパリです。気合いだけは「若いモンにゃ負けないぞ!」なんですけどね…(苦笑)
オバサンのお目汚し、失礼いたしました。ぺこり。
【2013/10/11 01:57】 URL | ふぶら #- [ 編集]

サンリオ文庫のこと
>ふぶらさん
サンリオ文庫の誤訳については確か柳下毅一郎氏も指摘していたように思います。
有名な訳者もいないわけではないですが・・・大瀧啓裕、鼓直、木村栄一、星新一(笑)等々・・・
サンリオ文庫も未消化の本が結構溜っているので、おいおい消化していこうと思います。ナボコフとかカルペンティエールとか全然読んでいないので(苦笑)
【2013/10/12 08:34】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1305-c9ee8273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター