時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
水晶の夜
麻生発言など氷山の一角に過ぎない。私達はまぎれもなく水晶の夜を生きている。おをらく、虐殺の対象は私たち自身なのだろう。自らが、嬉々として自分自身に手を下す。そんな時代を私達は作り出してしまった。
内輪揉めに汲々としている輩は捨てておけ。私達は、とにかく生きなければならない。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
プラハからの手紙。
1980X、この時はまだ学生でした。渋谷陽一が珍しく、邦楽を紹介するので、何だろう?と聴いてしまったのが、縁だった様な記憶が・・・クリスタル・ナハト、何時起きてもおかしくない状況下になりました。日本版ヨーゼフ・ゲッベルスもいる事だしね。ストリートミーティングも私が帰った後に油断した隙をつかれてしまった様です。ホント、一夜にして変わってしまいそうな、悪い予感しかありません。

※運動関連ですが、所謂古株達が、私の様な比較的新参者を小バカにした様な態度で接して来ます。とにかく無視する。あまり良い傾向とはいえず閉口せざるを得ません。あの時以外は、あの時が何なのかは、別途連絡します(非常に下らなく、単細胞な理由です)。
【2013/08/04 01:05】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]

サーチ&デストロイ。
という訳で、あの時のあの件、別途連絡した通りです。しかし、あの古株たちホント連絡した通り、始末の悪い人らで困ります。
【2013/08/04 15:14】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1282-d20654a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター