時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲がくれにし夜半の月かな 紫式部
あー、よかった。やっと見つかった。何が?永遠。海と溶け合う太陽が・・・じゃなかった、探していた書物が見つかったのである。
大した書物ではない。中学生時代から手元にある、小倉百人一首のテキストである。今でも時折引っ張り出しては眺めているのだが、先日、どうしても見つからず、難儀していた次第。やたら頻繁に無くすので、もう一冊予備を置いておくのも検討した方がよさそうだ。
百人一首は一度一通り暗記したものだが、今では大半は忘れてしまった。無論、西行や和泉式部などのあまりにも有名な歌や、一枚札の「むすめふさほせ」位は覚えている。ただ、カルタ取りとなると自信が無い。とっさに下の句が出てこないものである。これだけの記憶力を要求するゲームもなかなか思いつかない。
ちなみに戦時中は「愛国百人一首」なるものが存在した。斉藤茂吉などが選者として関わったものである。北杜夫に言わせれば、企画の意図はともかく個々の歌自体はそれなりのクオリティーを持っているという。ただ、やたら堅苦しく、親しみが湧かないというのもあって、当時から評判は悪かったらしい。確かに、ざっと並べてみるといかにも窮屈だ。
澁澤龍彦によれば、この愛国百人一首の一枚札は「たむけにゆうひ」であるという。試みにひとつ挙げてみよう。

旅人の宿りせむ野に霜降らば吾が子羽ぐくめ天の鶴群(たづむら)
スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
平和を我らに
ベタですけど、撃ちてし止まむ、はないのかな?
【2013/06/16 01:37】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 平和を我らに
>撃ちてし止まむ

あれは「古事記」の神武東征に登場する歌謡で、「忍坂の 大室屋に 人多に 来入り居り 人多に 入り居りとも みつみつし 久米の子が 頭椎 石椎もち 撃ちてし止まむ みつみつし 久米の子等が・・・(略)」という、やたら長い歌から採られたものですね。

ところで、例の自称愛国烈士サマが逮捕されたとの情報が入っています。
【2013/06/16 21:46】 URL | のわーる #- [ 編集]

仲良くしようぜ
今日は、名古屋のでらデモの中継見終わり、心地よさに浸って数時間後、TwitterのTLが大変な事になっておりました。自称国士様たちも救援連絡センターに頼るのかな?
【2013/06/17 01:40】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 仲良くしようぜ
何か風向きが変わってきましたね。「どっちもどっち」「喧嘩両成敗」的な話に矮小化してしまおうという意図が窺われます。そもそも、日本人はそういうストーリーが大好きなので・・・(怒)
【2013/06/17 23:50】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1257-5569fd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター