時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
課題の貴賎、あるいはブランド力について
なぜ原発に反対するのか。人間の生の営みを圧迫し、危機に陥れるからであるからである。「脱原発」の空手形に踊らされ、某市長のような、いかもの政治家に期待してしまう人が後を絶たないが、そもそもこの点が等閑視されていないか。
例えば、原発さえなければ専制国家でも受け入れるのか。お断りである。私達は原発の無い民主的な社会を求めるだろう。私達はどのように生きたいのか、そこに全ては繋がっている。
TPPに反対する事、戦争に反対する事、生活保護削減に反対する事、児ポ法改悪に反対する事、これら全ては「公権力の都合により、生を圧迫される事」に対する異議申し立てである。
銘柄に惑わされるな。それぞれの課題には固有の切実な問題が孕まれているのであり、決して鼻であしらうべき性質のものではない筈だ。異議申し立ての根幹にあるもの、そこを見据えなくてはならない。
「我は人間なれば、人間的な何事も我に無縁ならずと思う」と述べたのはテレンチウスである。無論、私達は全ての課題に関心を持てるわけではない。だが、「下らない」と決め付けている課題に、極めて大切なものが孕まれている事は往々にしてあるものだ。何度も言う。銘柄に惑わされるな。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
成熟した民主主義社会希望
果たして、この国の人間の中に「今私たちは大きな岐路に立たされている」という自覚がある者が如何程いるか?疑問に思わざるを得ない。差し迫る都議選、参院選を前にしてこの無関心さ、奴隷根性ぶりは一体何だろう?オーソライズされたくはないが国連機関から再三再四注意勧告が来る様になる程日本社会はぶっ壊れて来ているにも関わらず、である。本日、都内では色々とアクションがある予定。気ままに彷徨いてみるとするか、正直、幾ばくかの恐怖は感じるが。
【2013/06/02 09:45】 URL | ダムド #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1248-3db0e989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター