時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
人格は裁かれるべきか
例の気味の悪い法律案について。これが児童保護という趣旨から大きく逸脱したものとなっていることから、批判が集中している事は周知の通り。ここでは「心の問題」について漠然と考えた事を記してみたい。

今回の一連の流れの背景には、児童性愛という性的傾向そのものに対する憎悪感情があると思われる。換言すれば、人格への断罪である。気持ち悪い、危険だ、さっさと取り締まれ云々。だが、これを「危険」と言うならば、成人性愛もまた危険性を孕むことになるだろう。また、そもそも人格や精神性を裁く資格が誰にあるのだろうか。「良心の自由」への違背は言わずもがなである。

下世話な話だが、だれも法律に命ぜられたから「巨乳好き」になるわけでも、「熟女好き」になるわけでもない。「法律が決めたからあなたを愛するようになりました」などと告白されたらどう思うだろうか。こんな馬鹿げた事を大真面目にやりたがっているのが、今回の動きの背後に潜む者たちである。
性的傾向そのものは、断罪されるべき性質のものではありはしない。「あなたはなぜ倒錯者(児童性愛だけではない)になったのですか」と聞かれて、だれが答えられるだろう。「正常に大人と付き合えないから代わりに倒錯者の道を選んだ」というのはウソである。想像力の貧困なテレビ局が撒き散らすデマでしかない。現実には、「好きだから好きだ」という、トートロジカルな回答しかそこにはありはしない。否応なしにそう決定付けられるのだ。「聖ジュネ」において、サルトルは「それ(性的倒錯)は一人の子供が窒息の瞬間に発見した一つの出口なのである」と述べた。人生の様々な蓄積の過程において、もがきながら、辿りついた場所がそこだったのだ。

(中途半端だが、時間も押してきたのできょうはここまでとする。大事なテーマだと思うので、いつか再論してみたい)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1246-11621fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター