時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
この島に生きて
ジョン・ミリントン・シング「アラン島」(岩波文庫)読了。
アイルランドの作家、シングの4度にわたるアラン島滞在記。アラン島はスコットランドとアイルランドの間に位置する島嶼群の中にある。本書には地図が掲載されていないので、イメージが湧きにくいのが難点である。
語られるのは島の様々な民俗、風習、伝説など。古い伝承の中には「ヴェニスの商人」とそっくり同じようなものもあるのだが、どちらがオリジナルだろうか。
ここで「昔はよかったなぁ」式の礼讃をしても仕方が無いが、本書の時点では、この地域社会には精霊が生きていた。魔物や妖精たちが当たり前のように村々の生活の中に出入りしていたのである。石川淳の言うように、幽霊を否定するよりも、信じる方が、人生を面白くする秘訣というものだ。
幾分ゴチャゴチャしていて読みにくいのだが、読み終えた印象は悪くない。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1228-1be99db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター