時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
断章
4月23日というと、ペルー大使館公邸占拠事件を思い出す。中島みゆきは「この国は危ない 何度でも同じ過ちを繰り返すだろう 平和を望むと言いながらも」(「4.2.3」)と歌ったが、この言葉は今日の日本にこそ深く突き刺さる。あの事件から、ここまでこの社会は劣化してしまった。暗澹たる思いだ。

「現代思想4月号 就活のリアル」を読み進めていると、就活自殺ならぬ、就活他殺という概念を呈示している人がいた。なかなか重要な概念である。秋葉原事件などはその典型だが、ひょっとするとボストン事件にも当てはまるかもしれない。新自由主義の生み出したひずみは、隠しようもなく社会の至るところにあらわれている。

映画「東京原発」(監督・脚本:山川元)を観る。原発誘致を巡るブラック・コメディ。感想は時間を充分に取れる日に委ねたい。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1220-7ac4ff94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター