時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
白衣の哄笑
先日、「看護女子寮・凌された天使」(監督:堀内靖博 脚本:加藤正人)を観た。
少し古い日活ロマンポルノ。女子寮物と看護婦物を組み合わせた安易な企画だが、出来映えはなかなかいい。
新人看護婦がサディストの医者に翻弄される話に、ちょっとした三角関係を絡めたもの。
終局部では、この医者が見かけ倒しの存在でしかなく、矮小な人間に過ぎないことが、暴露される。賭けに怯え、屈服したこの男を、捨てられた元恋人が高らかに嘲笑う場面は実に見事で、かちりと纏まった佳作となっていた。
尚、この作品、ソフト化されていないのが実に残念なところである。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/122-4917b17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター