時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
花見会場のエル・グレコ
昨日のエル・グレコ展の事を記す。
エル・グレコは好きな画家の一人だが、何故かこれまでまとまった展覧会に行く機会がなかった。そういえば、画集の類も持っていない。金が無いのが最大の理由だが、魅力を感じながらどことなく遠望していたというのが本当だろう。関心の中心軸がシュルレアリスム以降の美術に移行していたというのもある。結局、伝記的な事柄も殆ど知らないまま今日に至っている。
だが、独特の陰影効果と特徴ある色使い、とりわけ白系統を効果的に使う技法には強く惹かれていた。今回の展覧会も多忙だったため危うく見逃すところだったが、先日記したような事情があり、何とか駆けつけることが出来た。
結論から言うと、行って良かったと思う。大規模な展覧というわけではないが、魅力的な作品は取り揃えてあり、なかなか満足いくものとなっていた。無論、聖像画の類が多いのだが、描き出される鮮やかなヴィジョンは普遍的な輝きを放っている。個人的には、混雑さえも気にならなかったという事を記しておこう。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1202-4fb68144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター