時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
この怒りを雷のごとく轟かしめよ
納谷悟朗が亡くなった。銭形警部や沖田艦長など世代的に色々と思い入れがあるのだが、またズブズブのアニメ談義になりそうなので差し控える。とりあえず合掌。

10日の報告。昼間、所用があったためデモの時刻に遅れたので、霞ヶ関に直接向かう。地下鉄の駅を降りるとデモ隊の打楽器の音が聞こえてきたので、その場で地上に出る。経産省の少し手前から隊列に合流した。ちょっと大人しめの雰囲気だったので、一人で声を張り上げる。前述のように、別件の用事があったのでトラメガ等の準備はなし。地声でひたすら頑張る羽目になった。
その後、文科省前のACTA/TPPチームの仲間に合流。ライブとスピーチを経てお散歩アピール。国会周辺を移動しながらインスタレーションを展示するというもので、なかなか好評だった。
それにしても寒い。昼間の暑さはどこへ行ったのか。北風も強く、とても耐えられたものではない。経産省前の対話集会ではひたすら震えていた。
報道は相変わらずで、まともに取り上げたメディアは殆ど無い。東京新聞が一面に大きく写真を掲載していたのが出色だろう。人気の無い官公庁での抗議行動に対する疑問の声もある。尤も、国会、霞ヶ関が象徴的な意味合いを持っているのも事実で、だからこそ人が集まったという側面もある。現在の情勢に照らし合わせて、何が有効なのか。意地でも報道しないというのであれば、イヤでも目立つようなアクションを試みる必要もあるだろう。まだ模索の余地はある。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1192-c669d36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター