時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
断章
風邪が長引いている。ちょっと無理をしたためか、症状が悪化した。うまくいかないものである。


猥褻なる物が存在するわけではない。猥褻と思う意識が存在する。世に言う猥褻とは、或る種の社会的関係である。関係性の内で規定されるとなれば、それは極めて恣意的な概念とならざるを得ない。よって「猥褻、なぜ悪い」という問いかけには明確な回答は存在しない。

絵画史上、女性を最も冒瀆的に描いた画家といえば、パブロ・ピカソを措いて他に無い。「アヴィニョンの娘たち」以上に攻撃的、かつ冒瀆的なタブローが他にあろうか。そしてそれは、偉大なる讃歌でもあった!
あるいは近々展覧会が催されるフランシス・ベーコンでもいい。人体を醜悪に歪めて描くこの作家に、件の自称人権主義者共が噛み付いたという話を寡聞にして私は聞かない。

政治主義者達は、自分達の活動があらゆる価値を規定する資格を持つと思い込む。つまり彼らは、人間の諸活動全てを統御する叡智に達したかのように振舞う。だが、我々は埴谷雄高の言葉を噛み締める必要がある。「政治の幅は生活の幅よりも小さい」
スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1155-44df507c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター