時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ヱヴァの逆襲
いつまで放っといても仕方が無いので、年を越す前に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の感想を記す。作品の性質上、ネタバレなくして何も語れないので、一通り内容を語ることにする。ご容赦願いたい。
舞台は前作から14年後の世界。前作のラストにおけるシンジの行動により、サード・インパクトが誘発され、人類の大部分が死滅、シンジはそれ以来昏睡状態に陥り、本作の序盤に漸く覚醒する。ミサト達の「ヴィレ」とゲンドウ達のネルフとの敵対、綾波の救出失敗など、シンジは現在起こっている事態に対し満足な説明も与えられず、周囲の冷淡な態度にただ混乱するばかり。決定的に孤立するシンジは、迎えに来た綾波(例の三人目)に連れられ、父親やカヲルのいるネルフ跡地に向かう。
カヲルとシンジは失われた世界を回復するために、セントラル・ドグマにあるロンギヌスとカシウスの槍を回収しようとするが、アスカとマリに妨害される。死闘の末、槍を引き抜こうとするシンジに、カヲルはこれが罠である可能性を指摘する。だが、贖罪の意識に取り付かれたシンジは耳を貸さない。結果、フォース・インパクトが誘発され、カヲルは死亡。駆けつけたアスカとマリにより、フォース・インパクトは辛うじて阻止されるが、シンジはショックで立ち直れない。エントリー・プラグ内で蹲っているシンジをアスカは強引に連れ出し、綾波を含めた3人で去っていく姿で映画は幕を閉じる。

正直、あらすじを読んでもわけが判らないと思う。だが、実際に劇場で観ても、あれよあれよなのだ。これは製作者が、観客をシンジと同じ立場に置こうとする意図が働いていると思える。シンジも現在の事態を充分に把握できないまま、ヴィレとネルフに振り回されていた筈だ。
物語の謎解きをする頭は私には無いし、「帝国の逆襲」ばりに途中で終わってしまっているので、何を語っても憶測にしかならない。よって、ここでは人間劇としての感想を記す事にする。
多くの場合、「エヴァ/ヱヴァ」のファンはシンジ達に自分の似姿を見出していると思う。私も例外ではないのだが、今回の劇場版でも、それは付き纏ってくる。なかんずく、シンジが周囲から徹底的に拒絶されている有様には「あー、こいつまた私と同じことやってるよ」という思いがした。シンジの場合は幾らなんでも理不尽だが、「空気を読めない」ことに対する、むき出しの悪意は私にも覚えがある。明言はしなくても、「イラつく」「何かムカつく」という感情は、必ず物腰に表れる。「知るかバカ」と言い返してやりたいところだが、まあ、それは取り敢えずはいい。
周囲のシンジに対する態度は、あくまでも罪人あるいは被検体に対するもので、対等な人間としてのそれではない。殆どイジメや虐待に近いが、ミサトの場合はやや微妙である。彼女はどうもシンジに感情移入しないように、無理をして突き放している節がある。去っていくシンジを殺せなかったのはその証左で、続編でどのようにそこが描かれるか気になるところである。
気になる点がもうひとつ。14年という時の経過を信ずるならば、アスカは28才くらいになっている筈である。しかし、彼女の性格には成長の後がみられない。「ガキシンジ」と罵倒するほど、彼女は大人にはなっていないのである。肉体的な成長の停止は物語の内部で「呪い」として説明されているが、精神的な成長が止まっているように見えるのはどうしたことか。何か狙いがあるのか、この点も謎のままである。
謎を謎のまま丸投げして終わった本作であるが、作劇にしろ、謎解きにしろ、次回作で纏め切れるとは思えない。さらに延々と話が続いていく可能性もある。個人的には作品のクオリティが下がらなければそれもありかと思うが、表現規制問題でパアにならないことを祈りたい。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
今頃観ました(笑)
今日観ました。今頃(笑)。自分にはとても面白かったです。
何しろ劇場版は全然観ていないので「ストーリー」はそっちのけ?で「映像」を堪能、序盤のスペクタクル(メカ楽し)、中盤の静的描写、最後のドロドロ…つくづく「キモチ悪い」シーンを魅力的に見せる「負のセンスの良さ」が心地よかった~
バランス悪さとか人間歪みすぎとかツッコミ処ありまくりとか謎の回収大丈夫かとか、その辺は何故か放置出来まして(苦笑)。え~アスカが大人になると「爽快ロボットアクション」担当者が一人も居なくなっちゃうんで大人に出来ないのではないかと(汗)
【2013/01/19 00:43】 URL | ふぶら #- [ 編集]

しょーもない解釈(苦笑)
まぁ自分はエバ(すみませんチャンと題名が変換出来ず)は、人気になった放送当時もう「イイ大人」だったもんで、あの露骨に「おカネ無くなっちゃったんだョー」な回とか爆笑しながら観ていたクチでして(汗)…「非力な子供時代の悪夢と妄想を全力で表現」みたいな「ストーリー」そのものには割と醒めた処があります(苦笑)。ある種の「ハーレム」ものですし(をい)。
シンジ君は相変わらず「ちょーウザい」。親のゲンドウも「ちょームカつく」。なのに大量の女性キャラは魅力的で「結局皆さん尽くし型」、ヲイヲイ何で皆さんこんなショボい父子にふりまわされてんの?っていう。ただ、そこをツッコむと「エバ」ぢゃなくなる(汗笑)
そんな「うんざりさせられる」展開も面白く見せる事が出来ている処が、「エバ」の凄い処なんでしょう。しかし自分のケータイ何故文字変換が出来ないんだろう(苦)
【2013/01/19 09:54】 URL | ふぶら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1118-64791730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター