時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
漠然と思う
具合が悪いので、早めに帰宅しようと思ったが、なぜか普段以上に残業する羽目になった。
眼鏡が壊れ、修理に出しているため、能率もだいぶ落ちる。コンタクトは長時間装着しているとだんだん曇ってくるし、外したら外したでまるで焦点が合わない。
そういえば確か星新一が、目が悪くなったため、見えないものについて色々想像力を働かせるようになった、それが創作の源泉になっている、という旨を書いていた。与太話である事は疑いないだろうが、見えないこと、判らないことについて色々思いをめぐらせるというのは悪くない考えである。私は自分が何も知らないという事を知っている-この「無知の知」というソクラテスの気取った言い方は好きではないのだが、見えているようで、見えていないということについては多少なりとも自覚的でありたい。引き摺るつもりは無いのだが、先程の選挙の結果にもそれはいえると思う。
頭が回らないため、わけのわからない文章になった。こんな時もある。

※追記:よくよく考えたらこれはアラン・レネ/マルグリット・デュラスの「ヒロシマ・モン・ナムール」のテーマだった。「ヒロシマを見たわ」「いや、君は何も見ていない」
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
「二十四時間の情事」
まだ20代で映画もそこそこ行けてた頃、昔の名画と言われて「二十四時間の情事」という映画を観に行きました。なんだかえっちなタイトルだとか思った(汗)予備知識もなく見た映画は、ハンサムな日本人俳優と西洋人の美しい女優さんが出ていて、なのにロマンチックというより妙に難しげな台詞で、でも画像が美しかった…
原題が「ヒロシマ・モン・アムール」だと知ってびっくり。自分の好きなウルトラヴォックスというニューウェイブ系ロックバンドの曲の題名と同じだったからです。「そうか、あの曲はこの映画を元にしてたんだ」…ぼくとつとつとつと語る様なリズムマシーンの、懐かしさと未来が同居するような曲調が好きでした。今でもメロ歌える(^-^;
元の小説を読んでみたいと思います。今度コードもとってみよう…
【2012/12/20 03:16】 URL | ふぶら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1105-41ccecda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター