時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
蹉跌は証だ
選挙結果はご存知の通り。毎度毎度、選挙の度にガックリを繰り返してきたので、ある程度想定はしていた事態である。だが、これだけ極端な結果に至ったことに対しては、考えを改める必要がありそうだ。
民主党から鞍替えして、自民党を支持した人は、80~90年代の「あの時代」をもう一度取り戻したいのだと思う。だが、戻ってくるのは間違いなく30~40年代の「あの時代」である。「日本を取り戻す」ということの実態は、亡者共が主権を国民から取り上げる、ということである。私達はまぎれも無く「前夜」を生きている。

蹉跌は証だ。
真なるものは必ず蹉跌す。
蹉跌の深みに転落せぬもの、
己はそいつの友ではない
(高村光太郎 「街上比興」)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
泥臭い。
土下座する議員が受かったりする世の中なんだなぁと。
もちろん気持ちがあっての人間だから分かるけどさ。
現実的な結果を求めるのが政治なのに、ノスタルジーを投影されてたよね。
加えて、どこにも投票したくないから投票しないや白紙投票とか言ってる人もいるし。

見事な教育の賜物だと本気で思ったわ。
【2012/12/16 23:55】 URL | ないと #- [ 編集]

Damned Damned Damned
日本人は、俺のHN通りだったな、さてどうしよう。  

俺が○○ば、のわーるさんやないとさん&お子さんは日本を脱出出来るかな? 

何れにせよ、国際社会でますます日本は地位を失うだろう。

宮崎学が言ってる通り、棄てちまえ、こんな国。 

ワールド杯、最終予選でジャップ代表を応援する事はもうないだろう(結局それかい)。 
【2012/12/17 01:48】 URL | ダムド #- [ 編集]

この投票率…
選挙の結果、というより投票率に、よりショックを受けています。
今回の選挙では例えば「原発是か非か」が争点とされていました。是でも非でも日本の国民の健康や安全、エネルギー確保や雇用も含め重要な争点です。小資源国日本の避けては通れない課題が国民に突き付けられた…と考えて投票所に行った方も多い事でしょう…しかし。
投票所に行かない方が半分近くもいらした。
結局「どうでもよかった」のでしょうか。「どこかの誰かが安くて安全な電気を供給してくれて当然」で、「自分は関係ない」のでしょうか。
結句低い投票率で「組織票」の強い政党がその強さを生かした的な「ありきたりの選挙結果」とも、「必ず投票に行く」高齢者層の「昔は良かった」が反映されたに過ぎないとも言えそうな。
確かに投票所に若い世代は少なかった…
【2012/12/17 03:47】 URL | ふぶら #- [ 編集]

傘が無い
個人的にはある程度拮抗するかと思いましたが、手法がどうとかいう次元を越えていましたね。小選挙区制の弊害というだけでもない。選挙に行くことや、自分の思ったことを社会に反映させようとする事が、「いかがわしい事」として徹底的に内面化された結果でしょう。
日常生活に密着した事柄、すなわち、踊りたい!歌いたい!マンガ描きたい!という思いをぶつけるだけでもかなり違ったと思うのですが・・・それとも、「権利=お目こぼし」という意識が強いのでしょうか。
【2012/12/20 00:52】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1103-ae30a354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター