時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
怒りを示せ
宇都宮けんじや山本太郎の街宣を応援したいのだが、如何せん仕事がある以上、致し方ない。遠くからエールを送る。

「黒子のバスケ」脅迫問題がコミケにまで影響を及ぼしてきた。関連書籍やグッズの取り扱いは中止になるらしい。この発端となった脅迫事件については動機が全く不明なのだが。この所、表現活動を巡る環境が著しく脆弱になってきたことは気にかかる。ちょっと何か横槍が入れば、すぐ土下座主義的に自粛、といった現象が頻発している。
勿論、何かあっては困る、という言い分は充分理解するし、決死の覚悟でやれというつもりもない。しかし、「危険に対処する」という具体的な理由を越えて、「自粛、中止は当たり前」といった社会環境が形成されるのは極めて危機的である。これでは、デモやジャーナリズム活動も、ちょっと何か言われれば一切不可能となってしまうだろう。実際それに近い事態が形成されつつある。

「創」1月号を購入。佐野眞一の橋下徹レポートを巡る騒動が特集されている。これも同じ問題である。自粛して幕引きを図ることを続けていては、自殺行為だぞ。

※蛇足ながら、コミケ準備会に落ち度があるわけではないことを申し添えておく。ただ、妨害者に対する抗議の意思は示さないと、今後もつけ込まれる可能性はある。表現活動全体の問題として考えていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
残念で悔しくて…
「黒子のバスケ」への卑劣な攻撃…本当に悔しくて憤りを覚えます。
実際に上智大学に置かれていた液体は致死量の硫化水素を発生するとの報道があり、死傷者が出なかっただけでも幸いと思い、やむなしか…全くコミケの準備会の苦渋の決断に涙が出そうです。又、楽しみに地方から東京に来る筈だった参加者の嘆きはどれ程でしょうか。
尚、必要以上に「だから漫画やアニメは危険」を煽るむきにも危惧します。「不特定多数の集まるイベント会場」ならどこでもテロリストの標的になる、という事実を特定の表現への萎縮につなげようとする歪んだ動きを警戒します。
自分は実際に「1995年春サリンテロ警備の東京ドーム」で、野球観戦時警戒の中、やたら厳しいチェックを受けました。だからといって「野球が危険」と、スポーツ文化の萎縮を便乗画策するむきは居ない筈。特定の表現・文化への偏った萎縮要求があれば断固戦います。野球ファンとしても(笑
【2012/12/09 00:59】 URL | ふぶら #- [ 編集]

全米ライフル協会
銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのが問題なのである(全米ライフル協会)。  

事の発端は、12月の福岡でのイベントに対しての脅迫がそうでしたよね。   
警察は、本当に捜査しているのでしょうか?疑問です。  

まるで、マンガ、アニメの存在が悪いのだ。と言っているかの様な意図も感じます。  

ならば、冒頭のセリフを応用するのもひとつの手かも知れません。
【2012/12/09 02:13】 URL | ダムド #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1095-7b54ecbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター