時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
おだやかな人々
エジプトでは新憲法の制定を巡り、衝突が続く。革命いまだならず、である。「誰がトップに立とうが、独裁者はいらない」。民主主義を巡る攻防は、今も尚、現在進行形である。歴史は一直線に進む事は無い。必ず紆余曲折を経るのが常である。独裁者がが台頭すれば、また倒すだけである。エジプトの人々は、それを学んできた。
翻って、日本はどうか?どうもこちらは一直線に破滅に向かって突っ走っているように見える。社会に対し、動かない事、アプローチしない事が、徹底的に内面化されてきた。まさに「国策」としてそれは行われたのである。政治を語るのは、居酒屋の愚痴だけにしろ、街頭に出るなどハレンチだ等々。
結果として現れたのは、完全なる沈黙である。ヴェルコールの「海の沈黙」は、雄弁な「沈黙」だった。そこには怒り、憎しみ、恐怖、絶望と哀しみなど、様々な感情が内包されていた。私達の社会の沈黙は、「無かった事にしよう」と「長いものには巻かれよう」である。完全なる順応主義。危機など存在しない、何かあったとしても、うまく立ち回って、少しでもいい思いをするようにすればいい…
歴史、社会は前に進む事は難しいが、後退したり、奈落に転落するのは実に容易い。そして、紛れも無くこの社会は崩壊しかかっている。何が必要なのか、私たちは論理的に見据えていく必要がある。戦争体制を作り出したり、基本的人権を撤廃する事に活路を見出すような馬鹿者にはなるな。奈落を理想郷と錯覚するな。この社会に希望を作り出せ。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
そうなのだ。
あたしは投票日が結果だとは思ってない。
変えようとする気持ちがあればいつかは変わると思う。
だから今回は変わらない気がしてきたけど、でも変わる事を託して一票。
投じた後も希望は持ち続けると思う。いつかは変わるって。
【2012/12/07 00:45】 URL | ないと #- [ 編集]

Re: そうなのだ。
勝っても負けても「これで終わり」という事はないですね。
ランキンさんの歌詞にもありますが、将来の世代に恨まれるようなことはしたくないです。
【2012/12/09 01:06】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1093-4504a77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター