時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ぼんやりと思う
やたら寒い一日だった。仕事は何やかや言って遅くまでかかる。どうにも頭が回らない状態が今も続いている。酷いものだ。
バルザックについて書かれた文章を少し読む。彼が「セラフィタ」や、「サラジーヌ」といった、毛色の変わった作品をものしていたことは興味深い。とりわけ前者に見られる両性具有とは「完全なる存在」の謂いでもあり、古来より神秘主義者達が夢想した象徴的な存在であった。これらが「ゴリオ爺さん」や「幻滅」といった、重い人間劇と共に共存しているのが人間喜劇のユニークな点である。

思考力が限界に近いので、この辺で…
スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1077-ca09823f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター