時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
帰ってきて欲しいもの、帰ってきて欲しくない奴ら
安倍晋三の再稼動宣言。TPPの件といい、権力亡者の生態が明らかになってきた。亡霊たちの群れ。
16日午前中、熱っぽく、悪寒がしたため、解熱剤を飲んで社畜に励む。普段より一時間程早く帰宅。帰宅した後調子がいいのは「会社に行きたくない病」か。

ヱヴァンゲリヲンの公開は17日。友人が初日に観にいくらしい。本作のやり直しストーリーは、大島渚の「帰ってきたヨッパライ」のパターンか。あれは前半、トイレの中で主人公のフォークル達が殺されそうになったところで話が振り出しに戻るというものだった。後半では主人公達がやり直しを自覚しているのだが、最終的には脱走兵たちの処刑という破局に至ってしまう。
これ以上踏み込むと日韓関係史の話になるので、話を戻す。アニメでは「ひぐらしのなく頃に」がこのやり直しパターンを踏襲していたのは周知の通り。「解」で強引に結末をつけたことには不満の声もあるようだが、あれはあれでいいんじゃないか。
「ヱヴァ」がどのような方向性をめざしていくのかは判らないが、陰惨にすることが自己目的となったような、所謂鬱アニメにありがちな陥穽には陥って欲しくない。庵野監督はその点充分自覚していると思うが。

追記:柳下毅一郎によれば、ヱヴァQは良作のようだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
くまめいとGet
だって、しょうがないじゃない♪安倍ちゃんは♪安倍ちゃんなんだから~♪  

>「ヱヴァ」  

そうか、だからアニメイト新宿店、「ヱヴァ一色」だったのか。
  
別の目的で行ったのですけどね。  

テレビ視たら、橋下の髪型が変だった…「2030年迄に~とは言っていない」。  
もはや、驚きはありません。
【2012/11/17 22:28】 URL | ダムド #- [ 編集]

「会社いきたくない病」
「会社いきたくない病」…わっ!わかりますっ!
…とか、恵まれた正社員の自分が言ってはいけないと思いますが…
勤労者の間に明確な「分断」を持ち込んだある種の勢力がきっとあるのですよね。本当にやるせないです。
フォークルの映画は不勉強で全然知りませんでした。見たいなあ。

エヴァ。良さそうな感じ?ですね。行きたい。

全然関係なく、本日は浪曲ききに行きました。浪曲は勿論只今めいっぱい「すたれそうな文化」ではあります。ただ、そこに「何としても命脈つづけるぞコノヤロー」的な若手さんが少しいらして、「あいや分かった張り切るぞ」なベテランの名人の三味線の方が気合い十分で、舞台としてはメッチャ楽しく刺激的、いやいっそ現代音楽とか以上に前衛な?試みを感じました。
駄目だとか遅れてるとか思ったらいけないですね。真っ向勝負の快感、味わっちゃって元気でました、ハイ~。
【2012/11/18 00:10】 URL | ふぶら #- [ 編集]

Re: 「会社いきたくない病」
アトムやドラえもんは、「みんな無邪気だったなー」というくらいで充分かと。
反原発に限らず、運動は退行的な形で進めるべきではないと思っています。

> フォークルの映画
「イムジン河」 バッチリ歌ってました。

小説でもマンガでも、「古くさい」っていう言い方で批判する人がいるんですが、さっぱり意味が判りません。「新しいか、古いか」ではなく「優れているか、下らないか」が大事だと思うのですが。
【2012/11/18 09:19】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1074-e727d54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター