時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
雨の巷に
仕事の時間を調整してもらい、16時で業務終了。霞ヶ関に向かい、抗議行動に参加する。
何しろ雨が酷い。ヤッケと傘を用意していたが、示威行動には不向きなコンディションだ。それでも参加者達の思いは熱く、かなりヒートアップしていた。途中、警備員と言い合いになる場面があったが、無事にやり過ごす。要は敷地内にはみ出してくるなということだ。「国有地だもん、いいじゃない」のコールが一斉に鳴り響いた。
終了後、暫く立ち話などするが、流石に寒いので程々にして帰宅。家に着いたのは21時半過ぎだった。
警察の警備は思ったほどエグくは見えなかった。雨のせいで動員が予想を下回った(らしい)ことも影響しているのだろうか。逮捕者もなく、昨日の不安が杞憂に終わったのは良い事だが、舐められたとなると複雑な気分だ。
反原連に対する批判が相変わらず取り沙汰されているが、本当を言うと、それは本質的なことではない。あまり悠長な事を言ってられないが、次の各地の行動で巻き返しを図っていくだけである。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
お疲れ様でした。
風邪ひかんようにね。
体調にも気をつけなよー。
【2012/11/12 06:16】 URL | ないと #- [ 編集]

積み重ねる事
お疲れ様でしたー! 

しかし、のわーるさん直前まで仕事だったんだ、さぞや身体に堪えたと思います。  

度胸試しで敢えて、日比谷公園から歩いてみました。 
西幸門付近に、同志とおぼしき人たちがパラパラと、皆さんご高齢の方たちばかり、「ここからは始まりませんよ」と説明後、移動。 
結局、官邸前、国会議事堂付近へは行かずに、文科省前と財務省前を行ったり来たり、特に文科省前は参加者でぎっしりでした。 

「デカンショ節」のデモ隊に遭遇、あの牛歩戦術に感心、成る程、そういう手もあったか…。  

対面の経産省前に移動と同時に冷たい雨が。 

国有地の件、最初は警察官かと思ったら、民間企業の警備員、彼らいわく「公務」だそうでご苦労さん。 

何とか、無事に終える事が出来て、ホッとしていますが、まだまだこれから。 
でも、のわーるさん、ホント無理しちゃダメですよ。
【2012/11/12 21:49】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: お疲れ様でした。
ありがとうございます。
翌日、ちょっと喉が痛くなりましたが、無事回復しました。(^_^)v
【2012/11/13 01:00】 URL | のわーる #- [ 編集]

す、すいません。
今さらですが、デカンショ節ではなく、かんしょ踊りの間違いでした。  

お恥ずかしいかぎりです(笑)。
【2012/11/15 17:21】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: す、すいません。
十代の頃、カントの「道徳形而上学原論」を読んで、全く理解できなかった事を思い出しました。デカルトとショウペンハウアーはまだ理解できるものがありましたが・・・でも、「永遠平和のために」はいつか読んでみようと思います。えーと、何の話でしたっけ?
【2012/11/15 23:31】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1068-ee2fdd14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター