時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「僕は彼らに多くの不幸の借りがある」
「創」今月号は若松孝二の追悼特集。足立正生や寺島しのぶの追悼文が寄せられているが、流石に気分がへこむので、こちらの感想は遠慮する。
その他には、生活保護バッシング問題の記事が目をひいた。BPOがどちらの方を向いているか、よくわかる。
絶対に破滅する心配のない、裕福極まりない人間に限って「守りにはいるな」だの「破滅を恐れるな」だのと、偉そうに能書きをたれたがる。自分達が世間の標準であり、代表であると信じて疑わない者達の群れ。
一方、私達にとって、破滅とはすぐそこにあるか、既にその中にあるか、のいずれかである。「普通」である事が見果てぬ夢となった。今や世界に希望はなく、未来は既に閉ざされているように見える。せめてカメラの前にふんぞり返るキャスターやコメンテーター共の、幸福そうなツラをひん剥いてやりたいものだ。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
編集者魂?
追悼!若松孝二監督。  
まぁ、篠田さんのことだから、当然、岡留安則氏にも依頼は行くだろうけど、特に最後の「沖縄からの権力批判」って、さっきから、首をかしげ続け…首が痛い(苦笑)。  

その前の、宮台真司氏の追悼文の方がしっくりと…。
【2012/11/09 01:30】 URL | ダムド #- [ 編集]

ちょっと視点が異なるのですが…
ちょっと視点が異なるのですが…はてなダイアリーの大野左記子氏の、若松監督の思い出話が面白かったです。いや、作品に即して語るのが普通なんでしょうけれど。
なかなか「そんなにこにこお父さん」だった監督というのが、個人的に面白かったので、気分を変えて、あの、その(微笑)
【2012/11/11 21:50】 URL | ふぶら #- [ 編集]

Re: ちょっと視点が異なるのですが…
そういえばトークショーの時、若松さんの携帯に突然電話が掛かったことがありました。相手は女性のようでしたが、若松さん、ちょっと隅に行って話し始めて曰く、
若松「うん、うん、大丈夫、今トークショーだけど、早めに終わって帰るからねー」
司会「エエッ?」
場内爆笑。お茶目な一面もありましたね。
【2012/11/13 01:09】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1064-18e0baf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター