時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
コピーライト・ウォーズ
ディズニーが「スター・ウォーズ」の権利を取得した。浮かれ騒ぐ声も聞かれるが、左程思い入れもない身としては、冷ややかにならざるを得ない。私が観たのは最初の三部作(ややこしいが、マーク・ハミル、ハリソン・フォードの出ている方)と「エピソード1」のみである。
ニュー・シネマに対抗しようとした意気込みは買うものの、ガキの映画の域を出ていないのは事実である。尤も、私はこうしたガキの映画が決して嫌いなわけではない。深刻なのは、それが支配的な価値として君臨してしまった事である。「これも映画」には違いないが、「これこそが映画」なんて、冗談じゃない。

スター・ウォーズが様々な模倣作を生み出した事はよく知られている。邦画をとっても「惑星大戦争」や「宇宙からのメッセージ」を私たちは擁している。私が観たのは深作欣二監督による後者だが、安っぽく、チャチい造りにもかかわらず、何故かそれはそれで楽しめる作品だった。マンガに目を向けてみても、例えば藤子・F・不二雄の入れ込み具合などは記憶に新しい。
気がかりなのは、これらの模倣作が、著作権の名の下に全て根絶やしにされはしないかということである。ディズニーといえば著作権亡者。一般に資本というものは、利権のためならば文化を破壊しつくす事も躊躇しない。スペース・オペラ全般がその渦中に投げ込まれる可能性は大いにある。そのうち松本零士あたりと、真似をした、しないのと泥仕合を演じることになるかもしれない。ディズニーを愛してやまない松本だが、著作権への妄執ぶりは両者ともに引けを取らない筈である。「スター・ウォーズ」自体が、黒澤の「隠し砦の三悪人」を下敷きにした作品なのであるが・・・
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
パイパニック(笑)
のわーるさんの、高尚なるブログに、トンデモタイトル、スンマセン。  


でも、あるんですよね、そういう名前の「映画」が(笑)。  

「宇宙からのメッセージ」リアルタイム、劇場で観ました。  

京都撮影所の「大部屋さん」達が、たまーに関西訛りでって、まぁ、当然か? 


確かに楽しめましたよ、私はね。  


成田三樹夫が「銀塗りオバケ」で、当時は違和感なかったっす(笑)。   


「新座デモ」動画視ましたよ。やっぱり「コール」は、テツさんだったんですね。  

のわーるさんの「自作プラカードの素晴らしさ」をあらためて実感しました。
【2012/11/01 00:29】 URL | ダムド #- [ 編集]

ダメな大人
>パイパニック
確かキャッチコピーは「あなたの股間がデカプリオ」でしたね。別作品で「あなたの股間にティロ・フィナーレ」というのもありました。元ネタは例のアレ。
この手の邦題は殆ど大喜利状態で、「チク・ビル」「ポロン」「オマター」「床ジョーズ」「リアル・エッチ・プロジェクト」などが有名です。最近では「エマニュエル 未知との挿入」が気になっています(笑) 
そういえば、シルヴィア・クリステルも亡くなりました・・・

>宇宙からのメッセージ
岡部正純が妙に存在感があって、私の中では主役です。作さんもああいうキャラクターが気に入っていたのでしょうね。
【2012/11/02 00:48】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1057-3e855621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター