時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ヴィヨンを歌う
仕事が尾を引いて、眠れない日々が続く。昨晩は何度も不安になって目が覚めた。正直、身がもたないと思うが、耐えるしかない。空元気を振り絞ってみる。

急にモニク・モレリの歌うヴィヨンが聴きたくなり、収納箱を漁る。奥の方に潜っているのを漸く見つけた。
ヴィヨンとはいうまでもなくフランソワ・ヴィヨン。15世紀のフランスに泥棒詩人として名をはせた人物である。殺人や窃盗を繰り返し、殆どゴロツキのような男だが、その作品が今日も尚、愛唱されているのは周知の通り。
ヴィヨンといえば、ジョルジュ・ブラッサンスの「そのかみの貴婦人をうたえる」がよく知られている。「さはれ、さはれ、去年の雪、今はいずこ」。彼に較べるとモレリは日本での知名度は劣ると思うが、本国ではかなりの大物だったはずである。
さて、このアルバムだが、LP版では丸々一枚ヴィヨン作品に当てられている(CD版では「ロンサールを歌う」とカップリング)。しかも朗読ではない。歌われているのはどれも有名な作品ばかりで、「でっぷりマルゴー」や、「絞首罪人のバラード」といった詩も収録されている。独特の低音をきかせた渋い歌声は、一度耳につくとなかなか離れない。手にする機会があれば聴いていただきたいものである。
スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1056-43690678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター