時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
俗情との結託~石原批判の作風について
正直、頭にきた。どうせ大方からはスルーされるだろうが、敢えて言う。
石原慎太郎の小説がピカレスクな暴力を描いていることは、何ら非難に値する事ではない。

そもそも攻撃するポイントが違う。「三国人騒擾事件」発言、ババア有害論、障害者差別、同性愛差別、天罰発言、オリンピック招致の使途不明金、新銀行東京、国際関係の険悪化、等々、彼を批判する材料には事欠かない。
にもかかわらず、真っ先に語られるのはまず彼の小説作品の話題である。ペニスで障子を破るだの、輪姦殺人が描かれるだの、殺人プレイが描かれるだのといった事柄をセンセーショナルに語ろうとする。こうした非難の手法には、表現活動、創造行為に対する無理解と性・暴力表現に対する、恐ろしく退化した蔑視感情が見受けられる。東京都青少年健全育成条例の時にも、この種の非難が巷に跋扈した。
最も安易な批判方法は、体制側の、マジョリティーに乗っかった立場からの批判である。都条例の時も、今回の辞任劇に際しても、「石原は不道徳極まりない小説を書いていた最低の人間だ」という、規制推進側の言説に則った非難が席巻した。どうしたことか?この人たちは本当に表現活動の自由を守りたいのか?本当に強権的な支配から自由になりたいのか?単に自分の気に入るものだけを守り、気に食わないものを排除したいというのが本音ではないのか?これは規制推進派などの精神構造と全く同じである。

石原の小説のレビューはこのブログでも何度か行った。私の印象では、作家としては二流といったところである。だが、それはあくまでも作品論の範疇である。このことは、彼の政治家としての評価を上げもしなければ下げもしない(尚、政治家としての評価はマイナス∞である)。
敵を攻撃するにも正確さが要求される。問題を取り違えてはならない。

(慎太郎小説の感想記事)
http://noir731.blog106.fc2.com/blog-entry-271.html
http://noir731.blog106.fc2.com/blog-entry-272.html
http://noir731.blog106.fc2.com/blog-entry-274.html
http://noir731.blog106.fc2.com/blog-entry-289.html
http://noir731.blog106.fc2.com/blog-entry-329.html
スポンサーサイト

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
狂った果実
近年では「聖餐」が面白かったです。中古市場の「超安値」で仕入れましたけど(笑)。   

団塊世代のさらに上、太陽族世代が、「読んでいない」のが痛いですね。 

そんな人らに限って「裕ちゃんのお兄ちゃんの悪口は許さない!ムキーッ!」なので、始末が悪い。 

【2012/10/30 23:25】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 狂った果実
>「聖餐」
私も中古市場(笑)
「創作活動の自由を奪うなんて許せねえ!」ってのはいいんだけど、誰が書いた小説だよwww
   
新座デモの映像がUPされています。秋山さんに会うのも久し振りでした。
【2012/10/31 00:13】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1055-de4b0807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター