時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
素手による反抗
ノーベル平和賞はEUだという。思わず脱力してしまうようなオチだ。それなりに立派な人に贈呈される時もあるのだが、わけのわからない代物をノミネートしてしまうことも往々にしてあるのがこの賞の特徴である。下手をすれば、そのうち東電やモンサントに賞を与えてしまうこともあるかもしれない。
尚、手元に「私の名は、リゴベルタ・メンチュウ」という書物がある。グアテマラのノーベル平和賞受賞者の自伝だが、数年来手付かずのままツン読になっている。いつか読んでみたいのだが、見通しが立たないのが情けない。

今日は残業を早めに切り上げることが出来たので、経産省前に向かう。こういうチャンスは大切にしたい。寝不足と疲労でクタクタだったのだが、現場に着くと空元気が出る。気が付いたら大声で怒声を張り上げていた。火炎瓶テツ氏が、これは「直接行動によるパブリック・コメント」である旨を語っていたのが印象深い。ネットのパブコメは無視されたので、直接出向いてきたというわけだ。
締めはACTA/TPP反対コールを織り交ぜ、マルチイシューの面目躍如となった。出来る事をどんどんやっていこう。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
7つの海を…。
>ノーベル平和賞  

前の国連ユニセフのトップが、モンサント、カーギルのエージェントだからあり得るかもね。   


金曜・経産省前、お疲れ様です。  

のわーるさん、テツさんはじめ、仲間の皆さん、ちゃんと休めているのか?心配です。   

関電大阪の件も気になります。
【2012/10/13 00:30】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 7つの海を…。
お気遣いありがとうございます。
ところで数年前、気になってはいたものの結局買わなかった本に、「フランス暴動----移民法とラップ・フランセ」(陣野俊史 河出書房新社)というものがありました。今度読んでみようかと思います。
【2012/10/13 02:06】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1037-9328e6fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター