時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ウージェーヌのいざない
朝からひどい貧血。あまり無理をせず、スローペースで仕事を進める。奇妙なもので、普段通り仕事をしているつもりでも、妙にトンチンカンな行動をとっていたりする。自分で思っている以上に、頭が働いていないらしい。
夕刻になって漸く落ち着いてくるが、大事をとって定時で帰宅する。

暫く前から新潮美術文庫版のドラクロワの画集が行方不明。プラカード作りのため、模写(トレースではない。念のため)したのだが、それ以来見かけなくなっている。已む無く。古書店で「アサヒグラフ別冊」のドラクロワの巻を購入。ところが、こちらには泣き叫ぶ孤児の絵が収録されていない。やっぱり無くしたヤツを買い戻すかなぁ。
実を言うと、ドラクロワの単独の画集というものはあまり見かけない。美術全集にはアングルと一緒に収録されているのが大抵である。いくらなんでも変じゃないか。これ。
ドラクロワといえば、19世紀ロマン派美術の王道。そのため、個人的にはこれまで微妙な距離を置いてきたものだった。要するに天邪鬼なのだ。それでも、「自由の女神」が日本に来たときは頑張って観にいったものである。
ところがどうした風の吹き回しか、最近になって彼の作品群に妙に愛着が湧いてきた。詳細はまた別に語る機会があると思うが、今日は取り敢えず休む。

delacroix
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1028-d5248182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター