時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
どいつもこいつも・・・
「あのなー、どれだけあんたは自信過剰なんだ。あんたのスチュワーデス姿なんて場末のラウンジのお化け祭り以下だぜ。絶対に着て来いよ!」
これが現職の大阪機長、もとい、大阪市長の発言である。
このケダモノに対して贅言を費やすつもりは無い。一刻も早く表舞台から消え去って欲しい。

「ギララの逆襲」(監督:河崎実 脚本:右田昌万、河崎実)という映画があった。内容は毒のある政治風刺を盛り込んだ怪獣映画。バカバカしくも愉快な作品であり、「日本以外全部沈没」の河崎実の面目躍如であった。当時首相だった「安倍晋三」役も登場するが、映画の序盤で腹痛を起こして退場してしまう。
さて、この男が再びみっともなくも自民党総裁とやらに返り咲いた。またぞろ強硬路線で外交を台無しにするつもりか。今日もいけ図々しく能書きをたれていたが、不快でたまらなかった。NHKを恫喝して、女性国際戦犯法廷を扱った番組の改変を迫った事も記憶に新しい。この男には情報統制のれっきとした前科があるのだ。
何やら勘違いしている人がいるようだが、今一度、よく思い出して欲しい。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
あべし!ひでぶ?
不本意ながら、このケダモノと同時期に学生時代を過ごした身としては、「スチュワーデス物語」を思い出してしまいます。  

なので、機長よりは、教官と言った方がお似合いかもしれませぬ。   

そのうち「お前はのろまな亀だ!」とツイートしそうなイメージが、朝日の女性記者は、大阪湾(関空近く)でわざと溺れたふりをしながら、「き、教官~!」と叫び……以下自粛。   


安倍ちゃんでは、誰が幹事長やろうが、マネジメントが上手く行かずに途中で「空中分解」という私の想定は、あまりにもポジティブ過ぎる?
【2012/09/27 01:59】 URL | ダムド #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1021-5a8f50d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター