時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
戦争の亡霊~キングコング 髑髏島の巨神
まず、本作のテーマは「戦争」である。
冒頭の場面は大戦末期。太平洋上の孤島・髑髏島に不時着した日米両兵士が、相手を殺害しようと相争う。そこへキングコングのとてつもない巨躯が現れる。呆然として戦闘を中断する二人。ここのコングは争いの調停者と考えてよい。
ベトナム戦争末期を舞台にした本編では、髑髏島への激しい空爆が展開される。そこで激怒したコングが軍用ヘリを次々と撃墜する。キングコングは、空爆を受けた民衆の怒りそのものの具現化として表象される。カムイ伝の山丈、西遊妖猿伝の無支奇などを重ね合わせてもよい。
米軍兵士たちは冒頭で生き延びた老兵士と合流し、脱出を図る。老兵士は日本兵(故人)と和解し、義兄弟の契りを結んでいる。この二人の関係を同性愛の暗示と捉えても差し支えない。少なくともホモソーシャリティーは存在する。老兵士はコングは島の守り神であると説明し、これと争うことに反対する。
だが、隊長はコングへの復讐の念に取り憑かれる。彼にとってこれは成し遂げ得なかった、ベトナム戦争のけじめなのだ。戦争の呪縛から解き放たれた大戦期の軍人と、いまだに戦争の妄執に囚われ続けるベトナム戦争の軍人が対比的に描かれているのが興味深い。
仲間たちの造反と、島の怪物・スカルクローラーの登場により、隊長の目論見はあと一歩のところで断念を余儀なくされる。物語の終盤はこのスカルクローラーとコングの戦い、それに協力する人間達の姿に当てられる。この一連の場面はダイナミックな戦闘が続き、英雄的自己犠牲に対する辛辣な批判も描かれていて実に見事である。
戦いは自然神たるコングの勝利に終わり、島の平和は無事に救われる。勝利したコングは人間達を見送るように佇み、激しく咆哮する。
ところで、島の怪物・スカルクローラーとは何なのだろうか。わたしはこれを戦争の暗喩と捉えたい。この怪物は、島の全生物の生存をおびやかす敵として描かれる。暴れまわり、暴威をふるい、あらゆる生物を喰らい尽くす。待ち受けているのは絶対的な死と破壊そのものだ。そして、その最終形態が54年版「ゴジラ」であることは言うまでもないだろう。
本作は怪獣映画の姿を借りながら、戦争について色々考察を巡らす事を可能とする。実に愉快な作品だった。

※ 余談だが、本作は一部のファンによって「けものフレンズ」と屢々対比され、「実写版けものフレンズ」とさえ呼称されている。だがこれは決して不当な悪ふざけではない。スカルクローラーをセルリアンとすれば、ほぼ内容は一致する。島(パーク)を脅かす圧倒的な負の力と、これに立ち向かうキングコング(フレンズ)との戦いが、この作品の骨子である。

IMG_4581.jpg

スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター