時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
教育勅語は全否定すべきである
タレントの関口宏が、「教育勅語は酷いものである、いいことも書いてあるのに、「一旦緩急アレハ」のくだりで台無しになっている」という趣旨のことを述べていた。正直、これはやばいなと思った。わたしはこのタレントのリベラルな貌を全く信用していないが、この「いいことも書いてある」という印象は、多くの人がそれなりに共有しているのではないかと思う。決して稲田朋美のような愚か者に限られた話ではない。
そこで、わたしなりにこの勅語について ― 検証というほどではないが ― 思考してみたいと思う。

まず、「皇祖皇宗~德ヲ立ツルコト深厚ナリ」について。古代史における権力抗争が血塗られた歴史であることはいうまでも無く、天皇制も例外ではない。到底この種の美辞麗句で覆い、誤魔化せるようなものではない。
「克ク忠ニ克ク孝ニ~」のくだりは、「お前たちは古来よりよく忠孝に励み、天皇制国家に尽くし、一丸となってこの国の歴史を築いてきた」ということである。だが幕藩体制を見れば判るように、天皇制など長きに亘って庶民のあずかり知らぬ事柄であった。事実関係ひとつみても出鱈目である。これらのくだりは歴史を偽造することで、「先人たちによって営々と築かれてきた忠孝の精神」という、偽りの重みを人々に背負わせようというものである。
「夫婦相和シ朋友相信シ」から始まる理想的人間像については、「いいことも書いてある」と評価される要因となっているが、これは、「恭儉己レヲ持シ」に象徴されるように、「文句を言わず、事を荒立てず、黙って従う」という理念を導き出すための導入部である。
「學ヲ修メ業ヲ習ヒ」云々(でんでんではない)についても同様、「公益に尽くせ」というための導入部である。
こうして、あの評判の悪い「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」に続く文言が導き出される。いざとなったら天皇制国家のため、一身を捧げよと。「天皇あやうし」、考えるな、国家に尽くせ、皇国を信ぜよ、国体を護持せよ。これが導き出した結果は見ての通りである。
「天壌無窮ノ皇運」以降は、「これは祖先によって築かれてきた美風であり、古今を通じて正しい道である。お前たちは必ずこれを守れ」と、仰々しい修辞で押し付けるものである。

このように教育勅語の文言は全て繋がっている。一見よさげに見える文言も、全て隷従を強いる文言を修飾し、導き出すための言辞となっているのであり、一部を切り出して「いいことも言っている」と評価しうるものではない。
よって、教育勅語は全否定するべきものである。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

あの日
「3月11日。一年に一度だけ亡くなった人々に黙祷を捧げ、原発事故を思い出す日。お前たちにとって、大切なのは「この日」だけなのか。」
そう批判する人たちがいる。恐らくその批判は正当だ。だが、この国の人間の多くは、忘却する、水に流す、無かったことにすることを得意とし、自らの過ち、敗北、喪失を浄化しようとしてやまない。痛ましい過去の一切を記憶の彼方から排除した挙句の果て、原発を再稼動し、放射能汚染を無かったことにし、歴史を書き換え、教育勅語を再評価する。
日付とは手掛かりだ。亡失される過去を、再び眼前に突きつけるためのきっかけは必要なのだ。わたし達はそれが不断に突きつけられた問いかけであることを自覚すると同時に、6年前の「この日」に思いをいたさなければならない。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日本から少し離れて~大陸編 (3)
3日目の朝方、ホテルの周りを散策する。杭州周辺の町並みや雰囲気は、日本と左程変わらない。前日、スーパーで買い物をしたら、勧誘の声をかけられた。言葉が通じるものと思われてしまうのは致し方ない。

IMG_2076.jpg IMG_2102.jpg

本屋に入ると、ガルシア・マルケスの書物が並んでいるのが目を引いた。この国でもよく読まれているのだろう。「百年の孤独」は、日本と同じ、ほぼそのままの題名である。

IMG_2112.jpg

夜になり、体調を崩してぶっ倒れた。激しい腹痛と発熱、下痢である。豪華すぎるもてなしが祟ったか。まあ、それは冗談であるが、おそらくは腸炎だろうというのが自己診断だった。取り敢えずバファリンをがぶ飲みする。一晩中苦悶にのた打ち回った結果、熱だけは下がった。その後も薬で症状を抑えながら、翌朝、飛行機で次の目的地へ急いだ。敦煌である。
敦煌は井上靖の小説と佐藤純彌監督の映画でわが国でもその名はよく知られている。私は映画の方をテレビ放映で見たが、お世辞にもよい出来とは思えなかった。この監督は、フィルモグラフィを見てもわかるように、大味な大作ばかり撮る人である。このことは、以前にも記したので、これ以上繰り返さない。

IMG_2118.jpg IMG_2125.jpg

さて、敦煌である。直行便は出ていない。よって、西安で飛行機を乗り継ぐこととなる。機内から見た祁連山の白い山並みが美しい。早朝に杭州を発ち、昼には敦煌空港に降り立った。乾いた空気が心地よい。腹の調子こそ良くないが、何とかなりそうである。
まず、目を引くのが地平線である。本物の地平線を見る機会など滅多に無いものだ。世界が果てしなく広がっている。ここが大陸であることをいや増しに実感する。

IMG_2132.jpg IMG_2128.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター