時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
旗のある風景
1945年8月15日、日本は敗戦を迎えた。私の母が10台半ばの頃である。空爆の恐怖からも解放され、庶民の間では敗戦の口惜しさと相俟って、安堵感と解放感が広がったに違いない。やがて来る進駐軍(占領軍)への不安はあるにしろ、である。
そんな中、母の証言によれば、近所のチョウさんが旗を立てたという。どんな旗だったかは母は覚えていないが、およその想像はつく。ゴチャゴチャ詮索するまでもないだろう。母たちはそれを見て「チョウさん、何、旗なんか立ててるのー?」とケラケラ笑っていたとの事だった。母はそこに込められた意味を知らなかったし、今現在も知ろうとはしない。だが、多くの日本人の感覚は同じようなものだったと思う。
敗戦の時、殆どの日本人はその植民地主義や、民族差別を反省などしなかった。ただひたすらひどい目にあったという、己が身の不幸を嘆くのみだった。繰り返すが、日本人は反省も謝罪もしなかったのである。
さて、ある創作において、ここで日本人が深く反省して見せたというエピソードを加えたとする。勿論、そこには作者の願いや祈りがあるに違いない。だが、そうした善意とは裏腹に、それは虚偽による免責を行うことに繋がらないか。日本人は敗戦のときに民族差別や植民地主義を深く反省したのだという、偽りの美談を作ることが、まさに歴史修正主義になるのではないか。船戸与一のいうように、歴史は作家の玩具ではない。
勿論、これは意地の悪い見方であるには違いない。だが、安易に歴史記述に手を加えることにもまた、陥穽があることは事実だ。すくなくとも、「反省と謝罪が描かれていないからこれは右翼的な改変だ」とするのは、歴史的な現実も作劇上のリアリズムも無視した、短絡的な言い掛かりではないのか。多くの日本人は反省も謝罪もしなかったという事実からは、逃げようがないのだから。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

断じてポエムではない。世迷言である。
「【愛国者】 ・・・政治家には莫迦みたいに騙され、征服者には手もなく利用される人間」 
-  アンブローズ・ビアス


1月の下旬までは私事で忙しい。いずれ明らかにすると思うが、今はその内容をあまり語りたくはない。まったりと与太話など展開したいものだが、なかなかそうも言っていられないのが現状である。

安倍の外道が真珠湾で内容空疎な虚言を弄していたが、行くのなら柳条湖であり、コタバルだろう。日帝がアジア各地でやらかした惨禍は数多く、それらを無視してあの戦争と向き合うことは不可能な筈である。勿論、安倍にとってはそんな事はどうでもいいのだろう。この男はただ、米国の御機嫌取りをしたいだけなのだから。
沖縄ではヘリパッド工事が着々と進み、辺野古の基地建設もいよいよ本格的に乗り出そうとしている。アイヌ・モシリである北方領土は「どうぞどうぞ」と差し出し、この国は全力で主権者、民衆を滅亡させようと邁進しているらしい。尚、ニュースによれば安倍政権の支持率は上がっているそうだ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

呪縛の起源
司馬遼太郎「燃えよ剣」を読了した。
何故今更司馬なのか。ひとつには、明治維新の大まかな流れをおさらいしたいと思ったこと、もうひとつは司馬遼太郎がこの時代をどう捉えていたかをより突っ込んだ形で知りたいと思ったこと、が動機である。
だが、本作でそこまで突っ込んだ考察を見出すことは難しい。基本的には土方歳三を主人公に据えた、ヒーロー小説である。激動の時代を人がどう考え、どう生きたのかを活写することは魅力的な作業に違いない。だが、司馬の筆致は充分にそこに行き届いているとは言いがたい。どこかお上品な見世物に留まってしまうのだ。とりわけ、恋愛描写などはあまりにも安っぽく、陳腐この上ない。この辺り、もう少し何とかして欲しかったと思う。
さて、明治維新についてである。司馬がこの時代を革命として捉えていることは「竜馬がゆく」と同様で、「さまざまな犠牲があったにせよ、紛れもない新時代の幕開けだったのだ」とする立場を保持している。言い換えれば、「革命には犠牲がつきものだ」ということでもある。だが、犠牲を払うことが輝かしい新時代を築くわけではない。南京大虐殺や原爆投下が新しい時代の幕開けをもたらしたわけでは、ない。明治維新は多大な犠牲を生み出したのだが、果たしてそれは革命だったのか。ここはもう少し批判的検討を加えたほうがいい。
とはいえ、明治維新にまつわる暴力が、ある意味で新しい時代を齎したということはできそうである。その時代とは何か。すなわち、帝国主義国家としての日本の誕生である。その意味で、「暴力は新世界の助産婦」として機能した。これが戊辰戦争を含めて行使された、圧倒的な暴力と大量死が齎した帰結であり、やがて八十年後に壊滅的な破産を迎えることになるのである。もっといえば、福島第一原発事故などに代表されるように、今日においてもその深刻な呪縛は残存していると考えられるが、ここはもっと突き詰めて考えてみたいと思う。

IMG_4110co.jpg

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

近況 2016.12.4
少し前に某資格試験を受けてきたのだが、燃え尽き症候群というか、何も手に付かない。まかり間違って二次試験を受けることになったらどうするつもりだ。
資格試験といっても仕事とは関係が無い、ちょっと自分のこだわりがあったので、その流れで受けてきた。感触はまぁひどいもので、帰路に付くわたしは、翌日に観に行った映画「きんいろモザイク Pretty Days」の主人公達と同じ表情をしていた筈である。

そんなわけで、これまで無駄に自重していた映画鑑賞を再開する。先に揚げた「きんモザ」をはじめ、「この世界の片隅に」を立て続けに鑑賞、先日は上野のクラナッハ展と「劇場版艦これ」をハシゴした。燃え尽きたのはむしろ、こちらの方に原因があるような気もしてきたが、回復したらそれぞれに感想を記す予定。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター