時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
まだ何も終わっちゃいない
既にニュースで伝えられたように、経産省前の脱原発テントが強制執行により撤去された。国家権力によるテロリズムの嵐は、いやましに強まっている。為政者にとっては、抗議がなければ原発問題は存在しない。昔、いじめを受けていたときに悲鳴を上げたら、教師から頭ごなしに怒られたことがある。つまり、被害者さえ黙っていれば、事件は存在しないとするのが、この国の一貫したならわしなのだ。
高江ではまた高齢者が警察に危害を加えられ、ジャーナリストが逮捕された。文句を言うな、黙っていろ。お前が騒ぐからみんなが迷惑する。お前さえ黙っていれば、何の問題も存在しない。社会の平穏は保たれる・・・・・・
くたばれ、そんな社会。

CqdJn8SUkAE5vUU.jpg
仕事帰りにテント跡を視察にいったが、テントのあったスペースをまるごと覆うように、フェンスが建てられていた。悪意に満ちた挑発である。年配の人がフェンスに「1808日」の札を引っ掛け、撮影を行っていた。何も終わってなどいない。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「六号室」と現代
アントン・チェーホフに「六号病室」という作品がある。舞台は精神病院で、主人公はその医師。あるとき彼は、ユニークな開明的主張を披瀝する青年患者に出会い、彼と対話を重ねていく。だが、そうするうちにやがて彼は周囲から奇妙な目で見られるようになり、最終的に「狂人」と看做され、自ら病棟に叩き込まれてしまう。この短編はかなり寓意的な作品であり、19世紀ロシア社会の状況を描いたものとして、古典的な名作となっている。
ところで、この主人公の置かれた状況に覚えは無いだろうか。精神病棟云々ということは抜きにしても、当たり前の事を話している筈が、いつの間にか異常者扱いされてしまっているということは珍しくない。具体的に言おう。「戦争反対」「憲法を守れ」という主張は普遍的に当然のものと、戦後長らく考えられてきた。だが、いまやこれらの主張は「偏向的」であり、犯罪に準ずるものとして扱われつつある。改憲に反対すれば連行され、平和を守ろうとすれば、職務質問を受ける。
ことは公権力との関係に限らない。政権に批判的な言動が奇矯とされ、周囲から気味悪がられることは珍しくはない。信頼していた人が、手のひらを返すようになる。運動を続けていく中で友人を失った人も多いと思う。
そうした中で、自分がどんなに正当な主張をし、輝いているつもりでも、社会の相当数からはまともな人間として見られてはいないんだぜ、という自覚も持ったほうがいい。その困難を自覚しなければ、「我々は伸びている、多くの人々が我々を支持している」と勘違いを続け、手痛いしっぺ返しを食らうだろう。
3・11以降、至る所でメッキが剥がれている。この社会はわたし達の知る日本社会では、既にない。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

所謂、「平成玉音放送」なるものについて
天皇明仁の「お言葉」とやらには何の感慨も無い。ただ、退位自体は良いことだと思うし、自然人である明仁の、素朴な人権・労働問題としてみても、その希望そのものは正当であると考える。
KKK(サンケイ)新聞などの右派メディアでは、「陛下のご退位のためには憲法改正が必要だ」というキャンペーンを張っている。いうまでもなく、日本国憲法には退位に関する規定は無い。それは皇室典範などの個別法に委ねられている。よってこれは、どさくさに紛れた悪質な便乗であるというしかない。そのうち「熱中症対策には憲法改正が必要だ」とか言い出しかねない。

運動圏の一部には、この「お言葉」を「陛下が改憲を狙う安倍政権の暴走に釘を刺した」ものとして歓迎する向きもある。だが、憲法を守るために「陛下の御威光」とやらに縋ろうとすることは、極めて危うい。これはだいぶ以前に山本太郎がやらかした「直訴事件」と何ら変わりないからである。あの一件に対する批判は過去に述べたし、山本をこれ以上叩くつもりは無い。わたしが言いたいのは、民主主義の埒外にある超権力の存在を、政治的主張の根拠にするのは危険である、ということである。仮に天皇(明仁とは限らない)が「改憲して元首になりたい」と望んだとしたらどうなるか。「陛下のご意思」とやらを尊重したいとするのであれば、これに抗する根拠がなくなってしまう。
明仁がリベラルであるかどうかなど、実際は誰にもわかりはしない。無論、先のKKK新聞の例を根拠に、「退位騒動は改憲のための陰謀だ」などとするのは妄想の域を出ない。だが、これを自らの有利な方向に利用しようとする右派勢力もまた、事実として存在するのである。
運動が天皇の言動に振り回されるようでは、あまりにも脆弱である。天皇の意思が何処にあろうと、わたしたちがやることには何の変わりもない筈である。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

内ゲバ主義は認められない
三宅洋平が安倍昭恵を引き連れて高江を訪問した。
この件に関して纏まった文章を書こうとしたが、かなり長文になったのと、色々不確定要素があることから、今回は見送った。
ひとつだけ言っておきたい。この一件以降、「スパイ」だの「第五列」だのといった文言がネット上を賑わしている。言葉の重みに対する自覚がまるで感じられない。「権力の走狗」、「K=K連合」と互いを罵り合った革共同(中核と革マル)と、どう違うのか。この両派が挙句の果てに醜悪な殺人合戦に至ったことは記憶に新しい。
内ゲバ主義の亡霊がまたもや復活している。当人たちはイキがって格好いいつもりかもしれないが、そんなものは格好良くもなんとも無い。醜悪な歴史の反復である。運動において、決して越えてはならない一線が軽々しく踏み越えられている。
批判は正当になされなければならない。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

人間を舐めた映画
映画「シン・ゴジラ」の印象は、「ペラい」の一言に尽きている。
とにかくこの映画、何から何まで表層的で、物事の上っ面しか捉えていない。奥行きの無い人間、奥行きの無い政治、奥行きの無い世界。全部同様である。
登場人物には生きた人間の息遣いが何ら感じられず、全て人間の表層的な動きを追っているだけである。陳腐な長台詞を延々と喋る彼等は、全て人間を模倣した記号であり、人間もどきでしかない。率直に言って、昆虫でも見ているかのような印象を受けた。これでは俳優たちも浮かばれないし、人間のドラマなど生まれようが無いのだ。恐らく製作者はポリティカル・フィクションとして、一種の政治シュミレーションを描きたかったのだろう。だが、人間を描かずして政治シュミレーションもへったくれもありはしない。これに比べれば、自衛隊礼賛映画そのものであった「ゴジラ対メカゴジラ」(監督:手塚昌明 脚本:三村渉 主演:釈由美子)のほうが、まだ人間劇を描いていただけましである。
このことは話題の国会前デモのシーンにも言えることである。劇中ではゴジラの襲撃を受けて、国会前で多くの人々が集まり、シュプレヒコールが唱えられるが、このシュプレヒコール、何を言っているのかよくわからない。「ゴジラを××××!」といっているのは聞こえるが、主張がまるでわからない。信頼できる映画評論家は「ゴジラを殺せ」だと当初記していたが、「ゴジラを守れ」という説もあることから、結局、断定は出来かねるらしい。
では、何故コールがはっきり描かれないのか。理由は単純である。製作者にとって、それはどうでもいい事柄だからである。製作者達は、デモ隊のコールを単なるノイズとしてしか考えていないのだ。もっと言えば、このシーンは、庁舎内で必死に対策に取り組む主人公達と、無責任に騒ぎ立てる群衆を対比的に描いたものである。ここでも上っ面だけの政治劇と、上っ面だけの民衆像しか提示されていない。デモの現場を知っている立場からすれば、「何だこれは」である。この映画、すべてがこの調子である。そこにいる人間達(主人公含め)の真実を抉り出し、掘り下げる操作は一切無い。こうなるともはや人間を舐めているとしか言いようがない。
本多猪四郎達の生み出したゴジラ作品が、このような薄っぺらな代物にまで転落してしまったことは、実に嘆かわしいとしか言いようが無い。尚、この映画が持て囃されている理由については、正直わたしの想像を絶している。別の機会に考える必要がありそうだ。

※尚、公開前に一部で騒がれた憲法九条云々というくだりは、わたしは確認できなかった。逃げ遅れた人を守るため自衛隊による攻撃をためらい、被害が拡大するというシーンはあったが。

自衛隊募集

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター