時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
相模原事件への反応について
以下は、先日大雑把に記した事柄の再論である。多くは同じ内容の反復であるが、改めて別の記事として取り上げてみた。

相模原事件を巡る報道/社会的反応への違和感は、容疑者を医学的な<狂人>として扱いたいのか、卑劣な差別主義者として扱いたいのか、よく判らない点にある。
報道は、容疑者の薬物使用歴を強調する。この線でいくと、「被疑者はドラッグで頭をやられた狂人だ」ということになる。心神耗弱とされるかどうかは別として、「彼は医学的な意味で普通の人間では無いのだ」という位置づけがなされていく。
実際のところ、容疑者がどちらに属するのかは明確ではない。例えば、「ヒトラー思想が降りてきた」という証言は、運動圏の人間の多くにとっては、彼が許しがたい差別主義者である証左となるだろう。だが、わたしがこの証言から受けた印象は、「かなり電波な、イっちゃってる人」というものである。宇宙人と交信したというのと、あまり変わりが見えないのだ。
だが、報道はこの両者を混同したまま、かなり踏み込んだ内容にまで言及してしまい、道徳的断罪を行っている。「犯人は危険思想の持ち主だ」、「犯人は狂人だ」という二つの主張が屢々すり替わり、「犯人は危険思想を持った、許しがたい狂人だ」というアマルガムとなる。
この概念のすり替わりは、かなり危うい。「許しがたい狂人」という概念を突き詰めると、「危険な狂人を許すな」という主張に到達する。事実、そうした論調も見受けられる。そうなると、本件のみに限った話でなく、精神疾患を道徳的に断罪する事が一般的に可能となってしまうのだ。ここから、「精神障害者を抹殺せよ」までは、あと一歩である。
今日の社会が、ヘイトクライムを生みやすい土壌にあることは事実である。だが、今回の事件がどのように関係しているのか、あるいは関係していないのかは、今の所よくわからないのが実情である。本件に対し、早急に判断を下すのは控えたほうがいいだろう。結論を急ぐあまり、監視体制の強化や人権の抑制に迎合するのは愚の骨頂である。
有田芳生は、容疑者が「ネットや書籍(あればだが)で何を読んできたのかを検証しなければならない」などとのたまっている。思想狩りのゲーペーウー気取りか。公権力がこのような措置をとることに、何ら疑問を抱いていないこの姿勢にはぞっとする。彼が刑訴法改悪に異を唱えなかったのも、この辺にあるのかもしれない。サド侯爵を大学の卒論に選んだわたしなどは、さぞかし危険極まりない犯罪者予備軍としてマークされるのだろう。
治安国家化への罠は至る所に存在する。溢れ出る情報の洪水に、わたし達は慎重に立ち向かわなくてはならない。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

気掛かりなこと
時間が無いので簡単にメモ書き程度に記しておく。
相模原事件を巡る報道の気持ち悪さは、犯人を医学的な<狂人>として扱いたいのか、卑劣な差別主義者として扱いたいのか、よく判らない点にある。
実際に犯人がどちらに属するのか、判然としないのは事実である。だが、報道はこの両者を混同したまま、かなり踏み込んだ内容にまで言及してしまっている。この概念のすり替わりは、かなり危うい。これを突き詰めると、「危険な狂人を許すな」という主張にさえ到達する。事実、そうした論調も見受けられる。ここから、「奴らを抹殺せよ」までは、あと一歩である。

気になったので簡単にスケッチしてみた。荒削りで判りづらい論だと思うので、詳細は後日に譲る。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

投票の意味について
めまぐるしく動く事態に頭がついていけない。フランス、ドイツでは立て続けにテロリスムの嵐が荒れ狂い、アフガニスタンでは80人近くが死亡した。高江では機動隊がテロ活動に狂奔し、都知事選では日本会議のレイシストが優勢と伝えられる中、相模原でヘイトクライムと思しき虐殺事件が勃発した。
どこから手をつけていいかわからないが、差し当たりずっと引っ掛かっていた事を述べておく。
映画監督の森達也が「若者は棄権していい。へたに投票しないで」というインタビューを公表した。
これに対し、「棄権は抗議にならない」という、常套句がネットを飛び交ったのは周知のとおりだろう。実際それは正論であり、わたしも棄権には反対である。だが、森のインタビューをよくよく見ると、これは「棄権のすすめ」ではない。軽率な投票行動を戒めているのである。
「憲法を守りたいから自民党に投票する」、「戦争は嫌だから自民党に投票する」、「格差社会に反対だから自民党に投票する」等々、こんなスットンチンカンな意識で選挙に臨まれたら堪らない。冗談みたいな話だが、こうした立場を取る人は少なくないのである。
選挙の齎す結果は、決して軽いものではない。「お試しの選挙」と言いながら、取り返しのつかない結果を齎すことにも繋がりかねない。「そんな事を言ったらますます投票率が下がってしまう」という向きもあるだろう。だが、本当に数字を上げさえすればいいのか?本末転倒になっていないか?
そもそも、これは難しいことを要求しているのではない。「主権者としての自覚を持って投票してくれ」という当たり前のことを言っているのである。それさえ出来ないようなら、幾ら投票率を上げても碌な結果には繋がらない。「今回は勉強、次はちゃんと考えて投票しよう」と言っても、「次の機会」は来ないかも知れない。昨今の情勢を見ると、杞憂とばかりはいえないのである。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

拒絶する意思
フランスではトラックが80人以上を虐殺し、トルコではクーデタ事件が勃発し、この国では近代国家の諸原理の抹殺を謀る政党が大勝利した。
「改憲なんて知らなかった」などという言い訳は聞くつもりは無い。この政権が何を目論んでいるかは、調べようと思ったら幾らでも調べられた。よって、そんな弁明が通用すると思ったら大間違いである。人々は戦争を望んだ。人権放棄を望んだ。主権の放棄を望んだ。それがこの国の有権者の選択として示されたのである。
ではわたし達はそれに従うのか?答えは否である。問われているのは、わたし達がどうありたいのか、何を望むのか、である。「民意は自民党を選んだ?これに従え?知るかボケ!」と叩き返してやればよい。わたし達は、戦争を支持しろと言われたら拒絶するし、原発を受け入れろと言われたら拒絶するし、人権を捨てろと言われたら拒絶する。
体制側の三百代言に耳を貸す必要はない。彼等は公正の仮面を被って自分たちの正当性を喧伝するだろう。しかし、相手の土俵に乗る必要はない。権力のおためごかしにどこまで拒絶する意思を貫けるか、わたし達の力量が問われている。

ところで、安倍晋三は、フランスと「基本的価値観を共有」し、「強い連帯を表明」するのだそうだ。近代社会の価値観を蛇蝎のごとく忌み嫌ってきた男がこのようにのたまうこと自体笑止だろう。また、この男の言う「フランス」には、例えばバンリューに住む移民の人々は一切含まれていない筈である。都合のいい部分を切り取り、自らの好戦的な野心の実現に利用しようとする、浅ましい根性ばかりがそこに見て取れる。
事件を政治利用するな。犠牲者はお前に利用されることなど望んでいない。人間を舐めるな。


マリーヌ・ルペン率いるフロン・ナシォナル(国民戦線)への怒りを表明した一曲。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ひとつの懸念
「ビッグコミックスピリッツ」で日本国憲法の特集が組まれたと聞く。残念ながら、わたしは同誌を手にしていない。理由はご存知の通り、売り切れ続出となったためである。「失敗したな」と思ったが、喜ばしい事態であるには違いない。だが、ここで若干の懸念が残った。つまり、運動関係者達が一斉にこの雑誌の購入に走ったため、普段同誌を購入している層には手に入らなかったのではないか、ということである。
確かに、運動圏ではこの特集は発売前から話題になっていた。しかし、一般の層には関係の無い話である。彼等は普段通りにこの雑誌を購入しようとしただろう。だが、そのときには既に売り切れになっていた。するとどうなるか。この人たちにとっては、この週、同誌は発売されなかった。すなわち、この人たちにとり、憲法特集もまた存在しなかったのと同じなのである。
はっきり言おう、この特集は、政治にあまり関心の無い人にこそ必要なものだった筈であり、無関心層に訴えることを目指して組まれたものだった筈である。憲法に関心を持つ、運動圏の人間には寧ろ相対的に必要ないものではなかったか。少なくとも、われ先に買い求めるような行為は慎むべきではなかったか。
結局、同誌は、運動関係者以外には目に触れることの無い、まぼろしの雑誌となってしまったように思える。この先、いつ憲法改悪の国民投票が行われるかどうかはわからないが、色々としこりの残る出来事だった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター