時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
四半世紀ぶりの邂逅~手塚治虫考(1)
このところ、手塚治虫について考える機会が増えた。少年期にかなり熱中して読んだ時期があるのだが、未読の作品も多いので、少し腰を入れて読んでみようかとも思っている。一人の作家の作品群とある程度付き合えば、それなりにその作家の限界も自ずと見えてくる。手塚にも、どうしようもない愚作があるもので、途轍もない作家だという認識は変わらないが、ある程度自分なりの評価は定まっていた。さらに手塚の死後は、偶像崇拝に嫌気がさしたので、改めて作品にアプローチする機会も減っていった。
さて、この度手塚の最晩年の作品である「ミッドナイト」の最終回を手にする機会があった。この作品はリアルタイムで折に触れて読んでいたのだが、終盤は休載が多くなり、著者の体調が気にかかっていた。「少年チャンピオン」を毎週購読していたわけではないので、最終回の掲載を気付かずに見逃してしまい、間もなく著者も帰らぬ人となってしまった。
単行本にもこの最終回は収録されていないため、私も長いこと未完の作品と思い込んでいた次第である。興味のある方は文庫版の第4巻を手に取っていただきたい。
作品の内容を述べると、これは無免許のタクシー運転手が、行く先々で出会う様々な人間模様を描いたものである。一方で、この主人公には交通事故で植物状態になったマリという恋人がおり、彼は彼女を救うべく日夜奮闘する。ストーリーはこの恋人との関係を主軸に、一話完結形式で進んでいく。
物語が進むにつれ、無免許医ブラック・ジャックの協力、遺産をめぐり対立する双子の妹の登場など、主人公をめぐる人間関係がかなり錯綜してくる。また、妙にオカルト色の強い話が多いのもこの作品の特徴で、手塚が自らの死期が近いことを悟っていた節もある。
終盤の展開はこんな具合である。ある日、日米合同軍事演習の最中にミサイルが誤って市街地に投下されてしまう。主人公の車も巻き添えとなり、周囲を火に囲まれ、炎上する車の中で彼は何とか活路を見出そうとする・・・これが私が雑誌で読んだ最後の場面であった。
最終回で、主人公は瀕死の状態で救出される。だが、もはや危篤状態で手の施しようの無い段階であった。そこでブラック・ジャックが登場する。彼は植物状態にあるマリの救済を断念し、脳死と判定、主人公の脳をマリに移植することで、彼の生命を救う。女性の体となった主人公は、やがて記憶を失い、新たな人生を送ることになる。

衝撃のラストと話題になったらしいが、最大の問題はマリの救出を断念したことにあるだろう。彼女が脳死状態か否かの判断は作品を貫く重大なテーマであり、ストーリー上の必然からすると、やがて彼女が意識を回復するであろうことが期待されていた。おそらく手塚は自らに「時間が無い」ことを悟り、やむなく彼女の救出方法を案出することを放棄したのではないか。「おれは生まれてはじめて、恐ろしく冷酷な決定をくだすぞ」とブラック・ジャックに語らせているように、それはあまりにも痛ましい決断であった。
だが、個人的にこのラストはそれ程嫌いではない。まず、男女の性別の入れ替えは手塚作品ではお馴染みのテーマである。「リボンの騎士」、「どろろ」、「MW」等、枚挙に暇が無い(個人的には幼少期に読んだ「キャプテンKen」の女装が鮮烈だった)。いかにも手塚らしい纏め方である。
次に、この作品がその結末において、完全に「ブラック・ジャック」のスピンオフとして位置づけられた点である。これまで本作ではブラック・ジャックはゲストキャラクターとしての位置に留まっていたのだが、この結末によって、「ミッドナイト」という作品自体が「ブラック・ジャック」の一連のストーリーの中に吸収されることになった。ファンにとっては、にやりとする事柄だろう。
だが、何よりも注目して欲しいのは、戦争がここでも大きく影を落としていることである。先にも述べたように、主人公が危機に陥った原因は、軍事演習によるミサイルの誤射である(ミサイルの誤射は戦争ではないという意見は無視する)。模擬弾とはいえ、そんな代物が市街地に謝って射出されるというのは、かなり強引ともいえる。だが、一見突拍子も無い設定を、敢えて持ち込んだ理由について考えると、ここには手塚の遺言があるような気がする。手塚治虫は戦中派として、戦争に対して強くこだわり続けた作家だった。少年期における大阪空爆の経験は、終生彼の脳裏に焼きついたに違いない。その手塚が最後に完結させたマンガが、戦争を背景に示しながら幕を閉じるというのは象徴的であり、実に感慨深い。
手塚の没後、長い時を経て漸く本作の結末に辿り着いたのだが、様々な思いが溢れ出るような読書体験だった。

IMG_1690.jpg

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

インフルエンザ騒動記
体調を崩したのは土曜日の夜である。夕方から咳が少し出るなと思っていたのだが、あまり気にせずにいたら、悪寒がひどくなってきた。熱を測ったら38度半ば。風邪を引いたと判断し、無理をせず早々に床についた。
翌日になってもかなり熱が高い。体を騙し騙し家事をするが、かなり辛い。この時点で熱は39度を大きく回っていた。尋常でない数値である。解熱剤(バファリン)を飲み、アイスノンを当て、苦しみながら布団に潜るが、熱が下がる気配は無い。幾度も40度前後の数値を目にし、ひたすら苦悶にのた打ち回っていた。
さて、月曜日の朝である。熱は一向に下がらない。実は仕事上かなり重要な日であったので、何とか治しておきたかったのだが、とても出勤できる状態ではない。
元々医者が嫌いな性分である。風邪を引いて医者にかかったことなど、子供のときを除いて無い。だが、このときは流石にまずいと思った。どう考えても通常の風邪ではない筈である。已む無く近所の内科を調べ、這うようにして診療所に赴いた。結果は果たしてインフルエンザA型。タミフルを処方され、仕事は暫く休むこととした。このタミフル、ひところ異常行動とかで話題になったものだが、即効性は無いらしい。私の場合、効き目が表われるまで、一日はかかった。よって、薬を飲み始めたその日はひたすら高熱に悶え続けることとなったわけである。流石に米を洗うのはかなりきつかった。
熱の高いときは熟睡は中々出来ないもので、うつらうつらとした状態がひたすら続く。夕方あたり、二度目の服薬の頃から、心なしか少し楽になったような気がする。尤もこの時点で体温は39.7度であったので、あくまでも気分的なものだろう。
結局本格的に熱が下がったのは、前述したように翌日からである。体温は38度台。明らかに具合が違う。トイレに立つのも苦痛ではなくなった。結局この日のうちに体温は37度まで下がり、ほぼ体調は回復してしまった。
インフルエンザは熱が下がってからもウィルスが残るため、勤務に服したのは週末である。実はこの時点で平衡感覚がおかしい等の軽度の後遺症はあったのだが、感染の心配も既に無く、休み続けることへの不安感も強かったので、敢えて出勤。懸案だった仙台への日帰り出張もこなした(実はオフィスに留まり続けるよりも、こちらのほうが負担が軽かったように思う)。
さて、そんなこんなで一件落着といきたかったのだが、どうも現実はうまくいかないものらしい。まず、私が復帰したのと入れ違いで、同僚が立て続けに3人インフルエンザで倒れてしまった。さらに私自身、改めて風邪を引いてしまったらしく、今も体調があまり良くないのである。世の中、ままならないものである。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

血塗られた<祖国>
このところ体調を崩しているため、まとまった思索もできない。荒削りな文章しか書けないのが情けないが、これが今の自分の姿である。
「図書館大戦争」の感想を記す。日本のライトノベルではない。ウクライナの現代作家、ミハイル・エリザーロフの長編小説である。
内容は、ソ連時代の凡庸な作家・グロモフなる人物の著作をめぐる聖杯伝説的な争奪戦。この著者の著作には不思議な力が備わっており、読むものに様々な特殊な作用を齎す。主人公は叔父の死をきっかけにこのこの読書室に加入することとなり、血で血を争う苛烈な抗争劇に身を投ずることとなる。当初は順当に続いた司書としての生活も、やがて強大な謀略によって壊滅させられ、主人公の属する読書室もメンバーは全員殺害、主人公もまたパラノイア的な老婆の奸計により、書物と共に幽閉される身となる。

何とも摩訶不思議なストーリーだが、これが何らかの寓意を示していることは間違いない。鍵となるのは「ソ連」である。全体主義国家の崩壊と、その後に到来した社会への幻滅、あり得なかった社会への待望などがそこに込められている。
とりわけ<意味の書>という最も謎めいた書物が示すものについて、色々考察してみたいのだが、ちょっと今のところそうした余裕が持てない状況である。そのうち再読しながらじっくりと考え抜いてみたいと思っている。

IMG_1474.jpg

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

独裁者の救済
島田雅彦「虚人の星」の感想を記す。
読了してから期間が経ってしまったため、うろ覚えの感想になるが、容赦願いたい。
本作は日本の首相と、中国のスパイ(日本人)を主人公とした、ポリティカル・フィクションである。スパイの主人公「星新一」(!)は少年期から重度の多重人格を患っており、それぞれの人格を巧みに使い分けることで、かろうじてバランスを保っている。
もう一人の主人公たる首相は典型的なボンボンの世襲政治家(松平定男という名だ)。この男もまた、もうひとつの人格を擁している。この人格(「ドラえもん」と呼ばれる)が過激なタカ派で、好戦的な言動を繰り広げ、国政をどんどんキナ臭い方向に追いやっていき、周囲の閣僚も盛んにそれを後押しする。元の(?)松平の人格でさえも、これを止めようが無く、収拾がつかない。
一方、スパイたる星は日本を挑発し、暴発させることを任務としている。好戦的な気分に煽られ、後先考えずに日本が暴走したところを一挙に叩く、という思惑だ。星はトントン拍子に作戦を成功させ、日本政府中枢に取り入り、首相と近付きになる。だが、やがて首相と自分が腹違いの兄弟であることを知った星は、安倍…もとい、松平首相に対し、救済案を提示する。
星の案を受け入れた首相は、記者会見で大博打に出る。これまでの「ドラえもん」による言動を全て否定し、平和国家として憲法を遵守することを確約し、力強く不戦を誓うのである。
この演説には「チャップリンの独裁者」の影響があると思う。こうあって欲しいという祈りのようなものが込められているのだ。但し、演説の後、「実は夢でした」という可能性を幾分持たせた描写が続くので、安心は出来ない。これを夢に終わらせるかどうかは、現実の私たち自身にかかっている、ということだろう。
現実の首相にはこうした翻意は一切期待できない。だが、不戦の夢、平和国家の夢を実現させるのは、私たち有権者自身だ。そんな想いに対し、開かれた小説である。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

錯乱の断想
原発再稼動を後押しし、人々の暮らしを破壊する協定を推し進め、汚職事件で辞任した男が「英雄」として奉られる、それがこの国の現状である。これに疑問を抱き、異を唱える人間が「変な人」あるいは「異常者」として、周囲から白眼視され、蔑み、嘲弄をもって迎えられる。それもこの国の現状である。

多くの人々にとって、「文句を言わない、何もしない、このままでいることを望む」ことが、人としての嗜みとされている。これは、「このまま言われるがままに破滅する」ということを含んでいる。増税に文句を言いながら、増税政党を勝利させる。平和を望むと言いながら、戦争政党に勝利させる。何かよくわからないけど、そういうものだから。全ては偉い人のなすにまかせよ。嫌なら対案を出せ、苦しければ対案を出せ、死にそうならば対案を出せ。自らがシャドウ・キャビネットになれなければ、文句を言う資格も無いとされる。
取り返しのつかない原発事故は、既に収束したものとされている。実際、多くの人はそう考えている。「線量が高い?そうだねえ」と語りながら、「食べて応援」の尻馬に乗り、オリンピックの成功を熱望する。

「今にわかるよ」という言葉は通用しない。何が起こっても「わかる」事などありえない。 この社会は壊滅的な敗戦から何も学ばず、震災から何も学ばず、原発事故から何も学ばなかったのだ。「何かが目の前を通り過ぎた。さっさと忘れてしまおう」それがこの社会の行った総括である。息の根を止められる瞬間に至っても、「何もしない、しようともしない自分はまともだった」という信念は揺らぐことが無い。この社会が高確率で破滅を迎えた後も、それは変わらない筈である。

政治は愚劣である。これはまぎれもない事実だ。そこから「政治的であることを拒絶することで、政治主義を否定する」という考え方が持て囃された時期もあった。だが、現実的に考えれば、これは政治を丸投げすることでしかない。権力者のしたいようにさせることは、政治主義の否定にはなりはしない。
だが、「政治主義の否定」という正しい命題はいつしか忘れ去られ、「何もしないことこそが価値である」という奇怪な公式が一人歩きした。早い話、日本人的な価値観に取って代わられたのだ。

結論など出せはしない。判っていることは、この社会が確実に破滅しようとしていることである。それも、そう遠くない将来において。
既にあらゆる方向に希望は無く、どん詰まりに見える現状である。だが、それでも私たちは晩年のサルトルと同様に、呟き続けるしかないのだろう。「希望を作り出さなくては」と。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター