時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
SM、そしてサド侯爵
やれ、SMバーに政治資金をつぎ込んだだの、色々とかしましい。
基本、SMが悪いというわけではない。どう考えても目的外の行為に資金を流用していることが問題なのである。相変わらず「秘書がやりました」というお得意の伝統芸が発揮されているが、道義的責任は免れないだろう。「SMは差別だ、けしからん」などという政治主義的デクの棒は相手にしない。
SMについてはミシェル・フーコーが次のように述べている。
「SMの実践は快楽の創造であり、SMはまさしく一つの下位文化(サブカルチャー)です。それは一つの創造過程です。それは戦略的な関係を肉体の快楽の源泉として活用するのです」(ディディエ・エリボン「ミシェル・フーコー伝」)

SMという言葉が、D.A.F・ド・サドの頭文字と、ザッヘル・マゾッホの頭文字から取られているのはご存知のとおりである。だが、実際に作品に当たってみた人はそう多くは無いかも知れない。
よく誤解されているのだが、サドの小説は、SM小説たりえない。そこでは責められる対象が、快楽の陶酔に堕ちることが許されない。凌辱者達は、対象をひたすら毀損するのみである。絶望の淵に、性の虜となるような陶酔境は、サドとは無縁である。
毀損されるのは、肉体ばかりではない。この世の一切の価値そのものが、惨たらしく穢され、虐殺に付されるのだ。あの果てしない饒舌を思い出そう。自然の本質は悪である。よって、悪を行うことこそが、自然の本義にかなうことである・・・
だが、自然をアリバイとしながらも、放蕩者達の暴走ぶりは自然の玉座を軽々と乗り越えてゆき、全ての価値の座を空位にする。犠牲者達のあまたの死体が横たわる彼方に、ジュリエットの高らかな笑いが響き渡るのだ。否定への力強い意志が、そこには働いている。
あるいはジュスティーヌを、倫理的なマゾヒストとして捉える向きもあるだろう。だが、物語の末尾において、彼女には雷撃の鉄槌が下される。そればかりではない。稲妻の一閃により、破壊された彼女の惨死体には、尚も凌辱者達が群れ集うのだ。そこに自己陶酔への安住の地などあり得ない。
価値を徹底的に嗤うこと。そこにサドの小説の真骨頂か存在する筈である。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

母を恋ふる記
予告していた「MOTHER マザー」(監督・脚本楳図かずお)のレビューを記す。
話の骨子は単純で、亡くなった主人公の母親が、その亡執から、主人公他、親類縁者に次々と祟るというもの。
テーマ的には作者の代表作である、「洗礼」に共通するものがあるが、劇中でも自己言及的に同作が取り上げられている。「洗礼」は若さへの妄執に取り付かれた母親と、娘との愛憎劇だった。結末を知った上で読み返すと、主人公であるさくらの振る舞いが、より凄絶に、艶かしく思えてくる。
本作の母子関係には、近親相姦的な強迫観念が濃密である。母親が若すぎる気がするが、承知の上で意図的にキャスティングしている可能性が高い。終盤の夜の学校での対決シーンはなかなか楽しめた。
無論、アップの多様など、技術的には幾分の違和感は感じられる。だが、奇を衒ったり、あざとさを狙ったりすることなく、極めてオーソドックスに仕上げられていることは評価したい。
よく誤解されるが、基本的にホラー映画とは怖いものではないし、怖い映画などそうそう作れるものではない。さしあたり、このホラーマンガの大家が、まずまずのデビューを飾った事を喜びたいと思う。



テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

ノーベル平和賞に思うこと
憲法九条がノーベル平和賞の最有力候補に挙がっている。まさかここまで話がうまくいくとは思わなかった。これはチャンスだ、改憲や集団的自衛権行使への、強力な牽制になる…当初私もそう思ってきた。
だが、雲行きが怪しい。この間のメディアの動向を見ていると、仮に受賞が決まったとしても、「日本偉い、日本スゴい、さぁ、この勢いで改憲だぁ!戦闘行為に参入するぞ!」という風にしかならないような気がする。平和憲法の理念を守って欲しいというメッセージは看過され、「日本人の偉大さ」という物語に、全て吸収されてしまうのではないか。
その意味で、ノーベル平和賞効果に、過度に依存するべきではない。浮かれることなく、地道な努力を続けていこう。
雑想~10/7
寝違えて、日曜日は一日中寝込んでいた。今日も完全ではない。酷いものだ。

先日、新宿にて「MOTHER」(監督・脚本:楳図かずお)を鑑賞した。言わずと知れた、ホラー漫画の大御所の作品である。地雷覚悟で観に行ったのだが、思いのほか出来は悪くない。
詳しいレビューは時間のある時に稿を改めようと思う。取り敢えず、傑作というほどではないが、そこそこ観られる仕上がりになっているということは報告しておきたい。

綾辻行人「黄昏の囁き」読了。なかなかよい雰囲気を持ったミステリー小説。ホラー風味であるが、通常の謎解き物の範疇に納まる作品である。どちらかというと、この人は本格的なミステリーよりも、「殺人鬼」のような頭の狂ったストーリーのほうが面白い。アニメ版の「ANOTHER」も傑作だった。こちらも半分はホラー設定である。
この人の作風についても一言あるのだが、こちらも時間のある時に譲るとしよう。

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

大いなる凡作
このまま放っておくと、いつまでもレビューを書かないで終わりそうなので、眠い目をこすりながら書き記す。
リドリー・スコット監督「プロメテウス」の感想を記す。言うまでもなく、「エイリアン」の前日譚。ラヴクラフトの「狂気の山脈にて」を下敷きにしていると聞いているが、ラヴクラフトはあまり読んでいないので、この原作についても語るすべを持たない。
ラヴクラフトで読んだ作品は、「インスマンスの影に」や、「ダンイッチの怪」、その他幾つかの短編にとどまる。大体この人の小説はゴチャゴチャしていてこなれが悪く、読みづらい。E.ポーと比べると、作家としての力量の差は歴然としている。
とはいえ、後代に残した影響は馬鹿にはできない。諸星大二郎の作品群から、「這いよれ!ニャル子さん」に至るまで、わが国のサブカルチャーにも多くの足跡を残している。
閑話休題。映画の話に戻る。結論を言うと、穴だらけで、不備の多い映画である。完成度は極めて低い。突っ込み所は幾らでもあり、私がここで一々取り上げる必要も無いだろう。
ひとつだけ取り上げてみよう。おそらくリドリー・スコットは「闘う女性」が好きな筈である。毎度のことなので、今更特筆する事柄でもない。だが、ヒロインが、敵である「エンジニア」の惑星に単身乗り込もうとするのは幾らなんでも無理がある。続編ありきの終わり方だが、この後どうするつもりだ。
失敗の原因を年齢のせいに帰したくはない。スコットの、今後の復活を待ち望みたいと思う。

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター