時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
読書録2017.10.11
何も書かないでいるのも何なので、最近読んだ本のことを記す。「タイタス・グローン」はかなり読むのがきつかったので後回しにレビューするつもり。

生田耕作「ダンディズム」
18~19世紀を魅了した、ボー・ブランメルなる人物の生涯を中心に、かれが残した様々な文化的爪痕を探る。だが、正直わたしはこの人物にあまり関心が持てなかった。ふぅん、といった程度である。こちらも年をくったせいだろうか。
とりあえず、時代に名を残した人物についていろいろ参考にはなったので、その点意義のある読書ではあったと思う。

ブロック「アーカム計画」
題名から窺い知れる通り、クトゥルフ物の二次創作である。「サイコ」の著者であるロバート・ブロックは実績のある作家なだけに、なかなか読ませてくれる。ナイアルラトホテップに翻弄される元夫婦の奇怪な運命を描いたものだが、ミステリアスで禍々しいクトゥルフ・ストーリーを飽きさせずに展開していく筆致は見事なものだ。
とどのつまり人類はめでたく滅亡を迎え、末尾にはとんでもないどんでん返しが待ちうけている。ラヴクラフトファンにはお奨めだが、残念ながら本書は品切れ状態になっているらしい。復刊により、多くの人の目に触れることを望む。

レム「枯草熱」
著者は「ソラリスの陽のもとに」のスタニスワフ・レム。私が読んだのは、今はなきサンリオ文庫版である。
枯草熱とは花粉症のこと。イタリアで立て続けに起きた謎の狂死事件の捜査に乗り出した元宇宙飛行士の主人公の姿を描く。舞台はイタリアからフランスにわたるが、日本人青年が空港で爆弾テロを起こす場面などがあり、時代を感じさせる。最終的に開発途中の化学薬品が原因であり、一定の条件が揃った際に狂気の発作が始まることが判明する。だが種明かしよりも、終盤に主人公が襲われる強烈な幻覚の描写が鮮烈だった。
大傑作というほどではないが、なかなかユニークな作品である。

この他、「ブラウン神父の知恵」を読み終えているのだが、こちらはもう少し色々腰を据えて考察してみたい。

IMG_6335.jpg

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読書録 2017.8.13
・黒史郎「ラブ@メール」 
癒し系の題名とは裏腹な内容で、いわゆるゾンビ・パニック物のバリエーション。作者お気に入りの屈折した性愛も描かれている。最後、無理に解決させる必要は無かったと思うのだが、どうだろうか。

・シャーリィ・ジャクスン「丘の屋敷」 
ホラーと銘打ってあるが、左程怖いわけではない。「ブレア・ウィッチ」的な、ジワジワくる感覚が魅力だと思うが、読む人によっては物足りない思いがするだろう。怪奇小説としては別に間違っているわけではないが。
テーマは居場所を失ったヒロインの悲劇である。社会に居場所を失った主人公が、丘の屋敷という安住の地を見出し、そこも追い出されそうになった時、永久に留まり続けるべく自殺する。しんみりした余韻を残す作品である。

・スティーヴンスン「ジキル博士とハイド氏」
内容は今更言及するまでも無いだろう。有名な怪奇小説である。薬物で体つきまで別人に代わるというのはどうかと思うが、この着想は後述の「透明人間」にも引き継がれているので莫迦にはできないだろう。小説としての力は流石であり、今日でも充分魅力的である。

・H.G.ウェルズ「透明人間」 
これもよく知られた小説だが、原作を読むのは初めてだった。内容は次の通り。透明人間になった科学者が誇大妄想に陥り、世界征服を志し、やがて殺人を犯す。これに対してマスヒステリアに陥った市民が、彼を追い詰め、よってたかってぶち殺してしまう。作者はこの集団狂気を肯定的に描いているので、「何だかなぁ」といった印象ばかりが残った。

・フレドリック・ブラウン「発狂した宇宙」 
平行世界物の先駆となった古典的な作品。事故により、異世界に転移した主人公が、お尋ね者となり、星間戦争に巻き込まれ、元の世界に還る方法を模索する。
ディックの「虚空の眼」のように、あちこち飛ばされるのかと思ったがそういうわけではなかった。最後は元の世界に還るのではなく、主人公の望む世界に転移するのだが、なかなか小気味いい。

・ピエール・カミ「三銃士の息子」 
大デュマの「三銃士」シリーズの二次創作。ダルタニアン、アトス、ポルトスの共通の愛人だった女性から生まれた子供が主人公。アラミスは最後まで生きのびていたから登場させるのは具合が悪かったのか。
カミの奇想天外な悪ふざけはやや抑え気味だが(こう見えても抑え気味なのだよ)、原作がしっかりしているだけに、なかなか読ませる。プランシェの養女をめぐり、この主人公がフランス・スペインを又にかけ、大冒険をするというもの。牛頭の青年が最後に死んでしまうのは、話の収まりがつかなくなったためか。
ちなみにわたしは、「三銃士」シリーズを全巻通読していない。「ブラジュロンヌ子爵」の最初の巻で力尽き、挫折した。あの辺は流石になかなか読めたものではない。王侯貴族の男女関係の泥沼など、何ら興味を惹かれないのだ。ピューリタン革命を扱った、「二十年後」までは素直に読めたのだが。結局面倒臭くなったので、最終巻まですっ飛ばして、銃士たちのその後の顛末を確認した次第である。
尚、「ブラジュロンヌ子爵」の後半は鉄仮面事件を扱っているので、いずれ読んでみたいとは思っている。

IMG_5935.jpg

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エッフェル塔と幽霊船
ピエール・カミ「エッフェル塔の潜水夫」を読む。
ピエール・カミは、「ルーフォック・オルメス」や「クリク・ロボット」などに示されるように、奇想天外なナンセンスを得意とする人なのだが、「潜水夫」は、うって変わってオーソドックスな冒険小説の体裁をとっている。そのため、ナンセンスを期待した人にとっては物足りない感が無きにしも非ず。邦訳が少ないことから、わが国では本作がカミの代表作のようになってしまっている。しかし、この人の本領はナンセンスにあるので、読んだことのない人はそちらに触れて欲しいと思う。
序盤に主人公らしく振舞っていた少年が、途中から完全に脇役に回ってしまうなど戸惑う点もある。話の辻褄合わせも強引なので、どうせやるならナンセンスに徹したほうが良かった。
そうした欠陥も持つが、中々愉快な冒険小説であることは認めていい。この人にはこんな引き出しもあるのだ。わたしはこの作者をヴィアンになぞらえたことがあるが、今回はシューのような作風に転じたといえる。
作者の全体像を知るためにも、もっと多くの翻訳が出て欲しい。本国でも絶版状態が続いているようなので。

尚、ちくま文庫版の本作は、挿絵が真鍋博(星新一の小説でお馴染みの人だ)、解説は赤川次郎だった。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読書録補遺
先日の読書録で、抜けがあったのに気が付いた。
書物の題名は「毒ガス帯」で、作者はコナン・ドイル。コカイン中毒の探偵が活躍する話で有名な作家である。
本作はチャレンジャー教授が活躍する話で、「失われた世界」の系譜に属する。地球が謎の毒ガス帯に覆われ、人類滅亡の危機に陥るというもの。死屍累々のロンドンの様子は中々迫力があり、小松左京の「復活の日」を連想させた。勿論小松はこの作品を読んでいた筈である。
シリーズ物のお約束とはいえ、最終的にハッピーエンドになってしまうのが拍子抜け。皆殺しにしてはシリーズが終ってしまうので致し方ないのではあるが。
尚、本書には併録作が二本あるが、「地球の悲鳴」は私のお気に入り。地球に鉄槌を打ち込んで悲鳴を上げさせるというバカバカしいアイディアであるが、身も蓋も無いべらぼうさが心地よい。西尾維新の「悲鳴伝」とは違い、こちらは誰も死ぬことはないので、念の為。
ドイルの創作はSFや歴史物も数多いので、もっと読まれてしかるべきである。作品が絶版になっているのが残念なところだ。

ちょっと必要があって、山海関事件のことを調べていた。1933年のこと、京奉線山海関駅付近での爆破事件を機に、支那駐屯軍山海関守備隊と国民革命軍第九旅の間に勃発した戦闘である(戦闘には関東軍、帝国海軍も続いて参加した)。今日では落合甚九郎少佐の指揮による謀略事件として大方の見解は落ち着いている。だが、日本はこれを機に熱河侵攻、そしてリットン報告書への決議を受け、国際連盟脱退へと雪崩れ込むこととなる・・・
そういえば、共謀罪に対する国連からの書簡に嚙み付いていた官房長官がいたな。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読書録 2017.5.20
共謀罪の強行採決で胸糞が悪い。
何故国会周辺に集まるのか?みんな黙ってられないからだ。「冗談じゃない」その思いが国会、そして各地の集会に足を向けさせた。「戦略的にー」だの、「効果を期待できる方法論ガー」などという高尚な寝言を語る連中は、能書きをたれる前に、人の気持ちに対する想像力を身につけるべきである。

この間読んだ本

・笠井潔「青銅の悲劇」
正直、ミステリーとしては精彩を欠く。だが、笠井の探偵小説論、そして学生運動の総括がちりばめられていて、充分読み応えはある。

・ヴァン・ダイン「僧正殺人事件」
昔、小林秀雄が江戸川乱歩との対談でゴチャゴチャ文句を言っていたが、衒学の迷宮はやはり魅力的だ。小栗蟲太郎へと至る系譜の原型がここにある。

・綾辻行人「Another episode S」
アニメ化されたAnotherの外伝。ヒロインの鳴がキャラクターとして確立しているため、魅力的な作品とはなっているが、彼女がいなかったらつまらないものになったかもしれない。
・綾辻行人「人形館の殺人」
凡作。この手の叙述トリックはもう飽きた。ミステリーの鉄則で、一人称の主人公は・・・

・ピエール・カミ「ルーフォック・オルメスの冒険」
カミである。カミュではない。シャーロック・ホームズのパロディ作。トンチンカンな探偵がシベ超の水野晴郎以上に妙ちきりんな推理を展開し、めでたく事件を解決していくというもの。バカバカしくも、実に楽しい作品。
・ピエール・カミ「機械探偵クリク・ロボット」
同じ作者によるSF探偵物。今度はロボットが事件を解決する。この人の作風はボリス・ヴィアンの作品にも通じるものがあり、もっと評価されていい。近いうちに、ツン読だった「エッフェル塔の潜水夫」を読もうと思う。

・笹本祐一「カーニバル・ナイト」
・笹本祐一「ラスト・レター」
妖精作戦シリーズの3、4巻。今もって未読のままだったので、勢いで読んだ。ほろ苦い青春SF

・山本弘「MM9」
一般読者向けの、怪獣SF小説。なかなか面白く、ドラマ化もされているらしいがそちらは未見。続編があるのだが、少し方向性が変わるので保留。

・桜庭一樹「GOSICK PINK」
アニメにもなった「GOSICK」の外伝(作者による二次創作と言ってもよい)。RED、BLUEに続く最新作である。大戦中の仲間の死をめぐるトラブルがテーマだが、あまりミステリー色は強くない。過去にシリーズ本編のイラストを担当していた武田日向が急逝したことから、暫くツン読になっていた同書に手を出してみた次第である。

・莫言「赤い高粱」
舞台は語り部の「私」が生まれるずっと前。抗日戦と祖母の嫁入りの話が平行して語られる。汚物などの描写を露骨に行うのは中南米文学(遡ればラブレーだが)の影響だろうか。正直、この辺りの才覚はマルケスのほうがずっと優れている。
祖母の話は状況を掴むのに手間取るせいか、ややまだるっこしい。後半、祖母が自立するあたりから急に話が進み、読みやすくなるのだが。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター