時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
教育勅語は全否定すべきである
タレントの関口宏が、「教育勅語は酷いものである、いいことも書いてあるのに、「一旦緩急アレハ」のくだりで台無しになっている」という趣旨のことを述べていた。正直、これはやばいなと思った。わたしはこのタレントのリベラルな貌を全く信用していないが、この「いいことも書いてある」という印象は、多くの人がそれなりに共有しているのではないかと思う。決して稲田朋美のような愚か者に限られた話ではない。
そこで、わたしなりにこの勅語について ― 検証というほどではないが ― 思考してみたいと思う。

まず、「皇祖皇宗~德ヲ立ツルコト深厚ナリ」について。古代史における権力抗争が血塗られた歴史であることはいうまでも無く、天皇制も例外ではない。到底この種の美辞麗句で覆い、誤魔化せるようなものではない。
「克ク忠ニ克ク孝ニ~」のくだりは、「お前たちは古来よりよく忠孝に励み、天皇制国家に尽くし、一丸となってこの国の歴史を築いてきた」ということである。だが幕藩体制を見れば判るように、天皇制など長きに亘って庶民のあずかり知らぬ事柄であった。事実関係ひとつみても出鱈目である。これらのくだりは歴史を偽造することで、「先人たちによって営々と築かれてきた忠孝の精神」という、偽りの重みを人々に背負わせようというものである。
「夫婦相和シ朋友相信シ」から始まる理想的人間像については、「いいことも書いてある」と評価される要因となっているが、これは、「恭儉己レヲ持シ」に象徴されるように、「文句を言わず、事を荒立てず、黙って従う」という理念を導き出すための導入部である。
「學ヲ修メ業ヲ習ヒ」云々(でんでんではない)についても同様、「公益に尽くせ」というための導入部である。
こうして、あの評判の悪い「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」に続く文言が導き出される。いざとなったら天皇制国家のため、一身を捧げよと。「天皇あやうし」、考えるな、国家に尽くせ、皇国を信ぜよ、国体を護持せよ。これが導き出した結果は見ての通りである。
「天壌無窮ノ皇運」以降は、「これは祖先によって築かれてきた美風であり、古今を通じて正しい道である。お前たちは必ずこれを守れ」と、仰々しい修辞で押し付けるものである。

このように教育勅語の文言は全て繋がっている。一見よさげに見える文言も、全て隷従を強いる文言を修飾し、導き出すための言辞となっているのであり、一部を切り出して「いいことも言っている」と評価しうるものではない。
よって、教育勅語は全否定するべきものである。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

状況 2017.2.27
森友学園の話題が連日ネット上を賑わしている。先日記したように、テレビでもようやく取り上げられ、大分話が大きくなってきたように見える。だが、わたしが友人たちとこの問題について話した感触は大分異なる。
すなわち、一般人にとってはこれは「どうでもいい」「国会で取り上げるべきでない」事柄と映じているらしい。逆に、「またミンスが国政を混乱させている」という印象すら受けているということだ。そんなことよりやるべき事が他にあるだろうと。
実際にはこの問題は人権問題であり、国有財産を特定団体に8億円の値引きで叩き売った問題であり、教育庁もグルとなっていることで、かなり深刻である。決して放置して済まされる問題ではない。だが、年金をごっそりスッてしまっても騒ぎにはならない国である。8億円の損失で、政権打倒まで行き着くだろうか。追求は徹底的に行うべきだが、いたずらに期待をかけるのは慎んだほうがいい。
目下最も深刻な問題は、水道民営化であり、種子法廃止であり、共謀罪である。これに関わる言論は、あまりにも乏しいという他ない。これを書いている本日、安倍晋三は赤坂飯店で報道各社のキャップたちと食事をしているという。明日からは森友学園問題すら取り上げられなくなるかもしれない。チョロいもんだね。つくづくスゲー国だ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

状況 2017.2.23
安倍晋三が菅直人に勝った勝ったとはしゃいでいる。「海水注入を止めたのは菅だ」と自身のブログでデマを飛ばし、名誉毀損で訴えられた件である。裁判の結果は単純である。「安倍の記述は虚偽であるが、名誉毀損には当たらない」というものである。
だが、勢いに乗った安倍は勝訴と言う結果を受けて居丈高な姿勢を取り始める。こうして「菅が全面的に間違っていた。安倍がそのブログ記述を含め、全面的に正しかった」という印象が振り撒かれるわけである。
菅直人がTPPなどでやらかした罪状はひとまず措く。嘘も百回言えば当然に本当となってしまうことが問題なのだ。ére post-vérité、真実以後の時代をわたしたちは生きている。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「日本あげます」
相変わらずの朝貢外交。米国の雇用創出、巻き上げた年金をガッポリ献上、さらに水道民営化と、もはや売国ですらない譲国の極みであるが、これを「さすが」と持ち上げる報道各社も相当なもんだ。「日米FTAを早急に締結すべき」などとのたまうサンデーモーニングのコメンテーターには怒り心頭に発する思いだった。
民衆の無関心を嘆いてみても仕方がない。洋の東西を問わず、社会運動は遥かな過去よりこの問題と格闘し、絶望し、のた打ち回ってきたものである。ゴミみたいな輩が「だからサヨクは嫌われる」などと寝言をホザくのを真に受けて、「私達も反省を」などとお人好しを演じても仕方がないのだ。プレゼン能力?巧みな戦略?そんなものは既成与党が莫大なゼニにモノを言わせて、何十年も前からやっているよ。同じ土俵に立っても仕方がない。資金力ひとつとっても太刀打ちできるか?結局は手探りで悩みながら模索していくほかない。

それはそうと、この両画像の一致感は一体何なのだ。

IMG_4306s_20170212140159283.jpg
IMG_4307.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

断じてポエムではない。世迷言である。
「【愛国者】 ・・・政治家には莫迦みたいに騙され、征服者には手もなく利用される人間」 
-  アンブローズ・ビアス


1月の下旬までは私事で忙しい。いずれ明らかにすると思うが、今はその内容をあまり語りたくはない。まったりと与太話など展開したいものだが、なかなかそうも言っていられないのが現状である。

安倍の外道が真珠湾で内容空疎な虚言を弄していたが、行くのなら柳条湖であり、コタバルだろう。日帝がアジア各地でやらかした惨禍は数多く、それらを無視してあの戦争と向き合うことは不可能な筈である。勿論、安倍にとってはそんな事はどうでもいいのだろう。この男はただ、米国の御機嫌取りをしたいだけなのだから。
沖縄ではヘリパッド工事が着々と進み、辺野古の基地建設もいよいよ本格的に乗り出そうとしている。アイヌ・モシリである北方領土は「どうぞどうぞ」と差し出し、この国は全力で主権者、民衆を滅亡させようと邁進しているらしい。尚、ニュースによれば安倍政権の支持率は上がっているそうだ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター