時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ミサイルが騒がしいので映画の話をしよう
観た映画のレビューが大分遅れていたので、走り書き程度だが簡単に印象を記す。放っておくとそのまま放置することになってしまいそうなのだ。とにかく漠然と「観た事がある」という印象に終わらせたくはない。ひと言でもふた言でもいいから、何らかの記録に留めておくことは有益な筈である。

フューリー(監督:デヴィッド・エアー)  かなり前に観たのでもう記憶も薄れてしまったが、出来の悪い戦争映画という印象だけは残っている。捕虜虐殺の場面だけは鮮烈だったが、ドイツ人女性の描き方など、舐めているとしか思えない。

スーサイド・スクワッド(監督:デヴィッド・エアー) 凶悪犯罪者を警察力として活用するという話。「ワイルド7」みたいなものかと思ったらアメコミヒーロー物の番外編みたいなものらしい。映画雑誌ではかなり評判が悪かったのだが、それほど出来の悪い作品というわけでもなかった。勿論素晴らしい作品というわけでもない。

アイアンマン (監督:ジョン・ファヴロー)  軍需産業を経営する主人公が、アフガン戦争に巻き込まれたことから自らをサイボーグ化。これまでの自分の過ちを認め、すっかり改心してヒーローとなる。結論としては、思った程悪くない。正直、舐めていたと反省した。今日の社会問題と繋げようとするのは、大人の鑑賞に堪えうる作品を意識しているのだろう。

無限の住人 (監督:三池崇史 脚本:大石哲也)  原作を途中まで追っていたのだが、途中で「アフタヌーン」誌の購読自体をやめてしまった。単行本もそれ以来追っていない。作者のアートの外連味が徐々に鼻についてきたのもある。さて、三池の映画の方はガッツリと斬り合いをしていてなかなかいい。この点勝新の座頭市を思わせる。ただ、殺陣の連続で、途中で飽きてくる感が無くもない。

メッセージ (監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ)  所謂ファースト・コンタクト物。わたし達にとって、本当に対話が必要とされるのは誰に対してなのか。それがこの映画のテーマだろう。 亦、主人公の最後の選択について議論があるが、別に奇異なものとは思わない。野暮ったく言えば、「この先哀しい運命が待ち受けているとしても、自分はその(予知された)未来によって支えられてきた。だからそれを決して否定したくない」ということなのだろう。

ダイナマイトどんどん (監督:岡本喜八 脚本:井手雅人 古田求)  言わずと知れた岡本喜八の怪作。やくざ達が斬った張ったの抗争を続ける代わりに、野球大会で決着をつけるというもの。マンガ作品で散々剽窃された話だが、「戦後」をずっしりと引き摺り続ける登場人物の姿には厚みを感じる。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー (監督:ジョー・ジョンストン)  第二次大戦中の米・欧を舞台に、改造人間となった主人公が活躍。何故か「未来少年コナン」を意識したような場面が見られ、なかなか小気味いい。わざわざ日系兵士を登場させたのは「日本アニメへのオマージュ」を示したかったのか。

ノーゲーム・ノーライフ・ゼロ (監督:いしづかあつこ 脚本:花田十輝)  TV版の主人公兄妹にそっくりな主人公と恋人が、不毛で絶望的な戦争を終結させるために奔走する。TV版のコメディとは打って変わってシリアスな悲恋物語である。予想外の良作だった。

オデッセイ(火星の人) (監督:リドリー・スコット) 近年のスコットにしてはマシな作品。火星に取り残された主人公が帰還するまでの話である。オーソドックスなストーリー展開で、評価としては「まあまあ」といった所。それにしても、やはり近年のアメリカ映画では、中国の存在が無視できなくなっているのだな。製作側のオトナの事情ばかりでもあるまい。

トランスフォーマー (監督:マイケル・ベイ)  一応良くできてはいるが、主人公の女蕩しぶりにまるで共感できないのが難点。内容は、主人公の青年が金属生命体と共に、地球の危機を防ぐというもの。「犠牲無くして勝利なし」というセリフについては、「取り敢えず犠牲者を出せば勝利する」という特攻神話を過去に持つわたしたちとしては、受け入れがたい。尚、このセリフはわが国の「ガールズ&パンツァー」でもパロディ的に流用された。

この他、「リリカルなのは Reflection」は続編があるので、まとめてレビューする予定。他に「南京!南京!」という問題作があるのだが、これはじっくりと時間をかけて感想を記してみたい。

dinamite.jpg image.jpg

スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

或る茶番劇
映画「きみの声をとどけたい」を観た。観てしまったことを一刻も早く忘れたいというのが率直な感想である。

序盤の主人公の異常行動には唖然とするほかなく、脚本はどうなっているのかと呆れ返るばかりである。だが、そんなことはここでは大した問題ではない。それよりもまず、
「他人を悪く言うと、その言霊は自分に撥ね返ってくる」
このセリフに引っかかりを感じた。この「他人」を「権力者」と置き換えてみよう。ネット右翼が「パヨクは批判ばかりしている」というのと同質のものに繋がらないか。
さらに、「権力者が庶民のために頑張っているのを、みんな理解しようとしない」という件りには、虫酸が走った。ここでこの映画がどちらの方向性を見ているのか、はっきりしたと思う。努力しない人間が人の上に立てるか?ちょっと待て。仮にいくら努力したとしても、その結果がトランプや安倍晋三であれば、それは評価に値しない。
さらに、ラストで十数年意識不明の状態にあった母親が意識を回復する場面で怒りを覚えた。これは「映画の噓」などではない。只の噓だ。何の御利益のつもりか知りたくもないが、「レナードの朝」を百回ほど繰り返し観て出直して来ることを勧めたい。

嘗て「映画くらい弱者の味方であってもいいじゃないか」と鈴木則文は述べた。若松孝二は「モノを作る人間は、権力の側から作っちゃいけないんだ」と常に主張していた。映画のみに限らない。創作活動からこの前提が崩壊したのは何時からなのだろうか。「シン・ゴジラ」は「たたかう権力者」の姿を英雄的に描き続け、TVアニメ「GATE自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」では、原始的な武装しか持たない異世界人を、自衛隊が「ワルキューレの騎行」をバックにひたすら虐殺する姿を、格好いいものとして提示している(コッポラに謝れ)。或る意味評判の「永遠のゼロ」は未見なのでさしあたりここでは触れない。
現在、一部の作品で権力者側の視点が積極的に導入されるのはどういうわけだろう。「弱者の視点ばかり取り上げるのは偏っている」という両論併記的な発想なのだろうか。だとしたらそれは只の間抜けである。この手の作品に社会的弱者・下層民・落伍した者の姿に向き合う様はまずもって見られない。よく誤解されるが、こうしたパワーエリート礼讃こそ、ニーチェは「弱者の思考」として軽蔑した筈である(三島憲一「ニーチェ」参照)。今回の映画でも、地域の有力者への批判は、無理解な中傷として片付けられる。

勿論、創作活動においては社会的身分を問わず、登場人物の仮面を徹底的に解体させ、生身の人間として描くことが重要である。むき出しの生の姿であり、そこで初めて人間性の真実に近づき得る筈である。この映画は生身の人間を描く振りをして、社会的強者を擁護することに話を結び付けていった。そこにいかがわしさがある。
花田清輝は「たしかに人間喜劇(コメディ・ユメイヌ)の時代は終わった」と記しながら、同時に「それは性急な結論であるかにみえる」、と記した。ここで疑問符を呈してみせたのは、花田の慧眼である。おそらく今日のわたし達に必要なのは、「人間喜劇」である。薄っぺらな茶番などではない。

La-Comedie-humaine.jpg 4533bddc39165812.jpg


テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

「ゴースト・イン・ザ・シェル」について
映画のレビューがまるで追いつかなくなっているのだが、この作品についてはひとこと言っておきたい。結論を言うと、巷間叩かれているような悪い映画ではないということだ。

主人公の草薙素子を白人に置き換えた「ホワイト・ウォッシュ」については散々非難がなされている。実際にはストーリー上の整合性がつけられてはいるが、その分たちが悪いともいえるし、どうしても批判はまぬかれないだろう。
ただ、「アニメ版の深遠な哲学を理解せず」云々という説にはあまり同意できない。サイバーパンクが流行ったのはおよそ30年前。人間がコンピューターと神経系統を通じて肉体的に接続し(早い話、脳に電極を埋め込み、ケーブルで接続する)、ヒトとAIの区別が喪失していく世界である。W.ギブスンの「ニューロマンサー」は二つのAIが統合して神になる話だったし、その後の続編ではそれが暴走していく様が描かれていた、と思う(昔読んだきりなので些かうろ覚えだ)。
さて、アニメ版「ゴースト~」では主人公は自分が何者かを問い続ける。果たして自分が人間なのか、AIなのか。考えれば考えるほど、自分が人間であるという根拠が失われていく。
ハリウッド版では解答が示されている。「そんなことをウダウダ考えたって仕方が無い。今、自分がどうありたいのかが重要なのだ」と。人間の本質を実体主義的に探究しようとしても、究極的な模範解答など出るべくも無い。結局、ある社会における関係性や、約束事の上に全ては成り立っている。そう考えていけば、自分がAIだろうとヒトであろうとどうだっていいという地平に行き着くことになる。
アニメ版では別のAIと融合を果たすことで主人公は新たな一歩を踏み出すが、ハリウッド版ではそれは無い。既に解は提示されているので、主人公は自ら歩みを進めることが可能なのだ。
実は、「今の自分を受け入れた上で前に進む」という点で、アニメ版とハリウッド版は同じ結論に達しているとも見て取れる。アニメ版ほど「ヒトかAIか」のテーマを前面に出さなかったのは、「今さら?」という思いもあったのだろう。ギブスンの活動以降、散々議論は尽くされているのだ。何せ30年だ。既に解決済みと断ぜられてもおかしくない。

IMG_6039.jpg

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

戦争の亡霊~キングコング 髑髏島の巨神
まず、本作のテーマは「戦争」である。
冒頭の場面は大戦末期。太平洋上の孤島・髑髏島に不時着した日米両兵士が、相手を殺害しようと相争う。そこへキングコングのとてつもない巨躯が現れる。呆然として戦闘を中断する二人。ここのコングは争いの調停者と考えてよい。
ベトナム戦争末期を舞台にした本編では、髑髏島への激しい空爆が展開される。そこで激怒したコングが軍用ヘリを次々と撃墜する。キングコングは、空爆を受けた民衆の怒りそのものの具現化として表象される。カムイ伝の山丈、西遊妖猿伝の無支奇などを重ね合わせてもよい。
米軍兵士たちは冒頭で生き延びた老兵士と合流し、脱出を図る。老兵士は日本兵(故人)と和解し、義兄弟の契りを結んでいる。この二人の関係を同性愛の暗示と捉えても差し支えない。少なくともホモソーシャリティーは存在する。老兵士はコングは島の守り神であると説明し、これと争うことに反対する。
だが、隊長はコングへの復讐の念に取り憑かれる。彼にとってこれは成し遂げ得なかった、ベトナム戦争のけじめなのだ。戦争の呪縛から解き放たれた大戦期の軍人と、いまだに戦争の妄執に囚われ続けるベトナム戦争の軍人が対比的に描かれているのが興味深い。
仲間たちの造反と、島の怪物・スカルクローラーの登場により、隊長の目論見はあと一歩のところで断念を余儀なくされる。物語の終盤はこのスカルクローラーとコングの戦い、それに協力する人間達の姿に当てられる。この一連の場面はダイナミックな戦闘が続き、英雄的自己犠牲に対する辛辣な批判も描かれていて実に見事である。
戦いは自然神たるコングの勝利に終わり、島の平和は無事に救われる。勝利したコングは人間達を見送るように佇み、激しく咆哮する。
ところで、島の怪物・スカルクローラーとは何なのだろうか。わたしはこれを戦争の暗喩と捉えたい。この怪物は、島の全生物の生存をおびやかす敵として描かれる。暴れまわり、暴威をふるい、あらゆる生物を喰らい尽くす。待ち受けているのは絶対的な死と破壊そのものだ。そして、その最終形態が54年版「ゴジラ」であることは言うまでもないだろう。
本作は怪獣映画の姿を借りながら、戦争について色々考察を巡らす事を可能とする。実に愉快な作品だった。

※ 余談だが、本作は一部のファンによって「けものフレンズ」と屢々対比され、「実写版けものフレンズ」とさえ呼称されている。だがこれは決して不当な悪ふざけではない。スカルクローラーをセルリアンとすれば、ほぼ内容は一致する。島(パーク)を脅かす圧倒的な負の力と、これに立ち向かうキングコング(フレンズ)との戦いが、この作品の骨子である。

IMG_4581.jpg

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

2016年の映画 私的ベスト&ワースト(完全版)
「映画芸術」のベスト&ワーストを見ていて気がついた。「あー、わたしのベストには断食芸人とFAKEが抜けてるよ」
つい横着を決め込んで、自分のブログも見返さずにランクを決めてしまったのが災いしたか。耄碌するにはまだ早いが、去年印象的だった映画がすっかり抜けてしまうのは情けない。ワーストは不動の「シン・ゴジラ」一点だが、ベストを再度掲げておく。

1位 聲の形
2位 FAKE
3位 断食芸人
3位 マンガをはみだした男 赤塚不二夫
4位 この世界の片隅に
4位 アイアムアヒーロー

それにしても荒井晴彦、「シン・ゴジラ」は嫌いだろうなと思っていたら、案の定「どこが面白いのか分らなかった」と一蹴。「便乗ビジネスには乗らない」とそれ以上は語らなかったが、そこは突っ込んで欲しかった。

今年観た映画は
「傷物語 冷血編」(監督:尾石達也)
「沈黙~サイレンス」(監督:マーチン・スコセッシ)
「アメリカン・スナイパー」(監督:クリント・イーストウッド)
である。体力のある時に、それぞれ感想を記してみたいが、また忘れてしまいそうなので、短くコメントする。
「傷物語」は、三部作の完結編。上質のエンターテインメントとして、なかなか楽しめた。キスショットの屈折した愛情がいい。
「沈黙」は、実は原作未読。遠藤周作は「死海のほとり」「海と毒薬」「白い人」などを読んで、重要な作家として意識していたが、時代小説が苦手なことから、つい読むのが遅れてしまった。映画そのものはずしりと心に響く作品。イッセー尾形による、金子信雄ばりの怪演も見事だ。ただ、最後のシーンは説明的で不要だったと思う。
「アメリカン・スナイパー」は、人によって見方がまるで分かれる映画。わたしが観たところ、米兵の鬼畜ぶりががっつりと描かれていたように思えたが、人によっては「米兵の悪事を正当化している」と見えるらしい。どうも、観る人がそれぞれ何を抱えているかによって、見えるものが異なり、評価が分かれるようだ。その点、R.スコットの「ブラックホーク・ダウン」にも共通するだろう。

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター