時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「ゴースト・イン・ザ・シェル」について
映画のレビューがまるで追いつかなくなっているのだが、この作品についてはひと言っておきたい。結論を言うと、巷間叩かれているような悪い映画ではないということだ。

主人公の草薙素子を白人に置き換えた「ホワイト・ウォッシュ」については散々非難がなされている。実際にはストーリー上の整合性がつけられてはいるが、その分たちが悪いともいえるし、どうしても批判はまぬかれないだろう。
ただ、「アニメ版の深遠な哲学を理解せず」云々という説にはあまり同意できない。サイバーパンクが流行ったのはおよそ30年前。人間がコンピューターと神経系統を通じて肉体的に接続し(早い話、脳に電極を埋め込み、ケーブルで接続する)、ヒトとAIの区別が喪失していく世界である。W.ギブスンの「ニューロマンサー」は二つのAIが統合して神になる話だったし、その後の続編ではそれが暴走していく様が描かれていた、と思う(昔読んだきりなので些かうろ覚えだ)。
さて、アニメ版「ゴースト~」では主人公は自分が何者かを問い続ける。果たして自分が人間なのか、AIなのか。考えれば考えるほど、自分が人間であるという根拠が失われていく。
ハリウッド版では解答が示されている。「そんなことをウダウダ考えたって仕方が無い。今、自分がどうありたいのかが重要なのだ」と。人間の本質を実体主義的に探究しようとしても、究極的な模範解答など出るべくも無い。結局、ある社会における関係性や、約束事の上に全ては成り立っている。そう考えていけば、自分がAIだろうとヒトであろうとどうだっていいという地平に行き着くことになる。
アニメ版では別のAIと融合を果たすことで主人公は新たな一歩を踏み出すが、ハリウッド版ではそれは無い。既に解は提示されているので、主人公は自ら歩みを進めることが可能なのだ。
実は、「今の自分を受け入れた上で前に進む」という点で、アニメ版とハリウッド版は同じ結論に達しているとも見て取れる。アニメ版ほど「ヒトかAIか」のテーマを前面に出さなかったのは、「今さら?」という思いもあったのだろう。ギブスンの活動以降、散々議論は尽くされているのだ。何せ30年だ。既に解決済みと断ぜられてもおかしくない。

IMG_6039.jpg

スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

チート!チート!チート!
チートという英語がある。アルファベットではcheat、名詞としての意味は詐欺師、いかさま師というものだが、わが国の現用ではフィクションにおいて、超人的能力を備えた登場人物をさす場合が多い。反則的能力というわけだ。

だがこのチート主人公の存在は、今に始まったものだろうか。例えば、探偵小説の名探偵など殆どすべてがチートである。有名どころでもシャーロック・ホームズからエルキュール・ポワロ、明智小五郎、金田一耕助等々、枚挙に暇が無い。古帽子ひとつを取って、「持ち主は知能の優れた人物。今は零落しているが嘗ては裕福だった。思慮深い人物だったが今は道徳的に退歩している。飲酒癖があり、外出は殆どしない。半白の頭は散発したばかり。ライム入りのクリームを使う」などと洞察するのはまさに「チート」以外何者でもない(ドイル「青い紅玉」参照)。
ヒーロー物がチートなのは寧ろ当たり前で、「最近の若者の間ではこんなものが・・・」などというのはもはや年寄りの繰言でしかないだろう。ただ、その手の主人公が無双するだけの作品(所謂「俺TSUEE」物)は後世に残らないというだけなのだ。
ジークフリートは奸計によって殺害され、アルセーヌ・ルパンは超人的能力を持つが裏切られたり騙されたりで、毎回苦戦する。チートな主人公は存外苦労人である場合が多いらしい。マンガでいえば超人ロックやゴルゴ13にしても同様である。
およそ、チート物には大きく二つの流れが存在するといっていい。勿論、多くの場合は両者が混交している。

・チートにもかかわらず、主人公が苦戦する。
・主人公はチート能力を発揮するが、物語の総体としては別のものを提示する。

探偵小説が鮮やかなトリックを提示するのは後者の典型である。極言すれば、探偵はそれを導き出すための道具である。勿論、主人公が一定の魅力を併せ持っていなければ物語そのものが成り立たない。探偵物でもホームズの場合は十九世紀イギリス社会の姿を炙り出すことに成功しているし、笠井潔の矢吹駆シリーズなどの主題は、哲学者達の思想的格闘とそのアポリアを描くことにある。また、先に挙げたゴルゴ13は大抵の場合ポリティカル・フィクションが主題なので、寧ろこちらに属するだろう。

このように、「チート物」の系譜は連綿としてあり、今に始まったことではない。新しい作品に接しても「この主人公はチートだ」と徒にカリカリせず、もう少し長い目で見ては如何。

IMG_6038.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

読書録 2017.8.13
・黒史郎「ラブ@メール」 
癒し系の題名とは裏腹な内容で、いわゆるゾンビ・パニック物のバリエーション。作者お気に入りの屈折した性愛も描かれている。最後、無理に解決させる必要は無かったと思うのだが、どうだろうか。

・シャーリィ・ジャクスン「丘の屋敷」 
ホラーと銘打ってあるが、左程怖いわけではない。「ブレア・ウィッチ」的な、ジワジワくる感覚が魅力だと思うが、読む人によっては物足りない思いがするだろう。怪奇小説としては別に間違っているわけではないが。
テーマは居場所を失ったヒロインの悲劇である。社会に居場所を失った主人公が、丘の屋敷という安住の地を見出し、そこも追い出されそうになった時、永久に留まり続けるべく自殺する。しんみりした余韻を残す作品である。

・スティーヴンスン「ジキル博士とハイド氏」
内容は今更言及するまでも無いだろう。有名な怪奇小説である。薬物で体つきまで別人に代わるというのはどうかと思うが、この着想は後述の「透明人間」にも引き継がれているので莫迦にはできないだろう。小説としての力は流石であり、今日でも充分魅力的である。

・H.G.ウェルズ「透明人間」 
これもよく知られた小説だが、原作を読むのは初めてだった。内容は次の通り。透明人間になった科学者が誇大妄想に陥り、世界征服を志し、やがて殺人を犯す。これに対してマスヒステリアに陥った市民が、彼を追い詰め、よってたかってぶち殺してしまう。作者はこの集団狂気を肯定的に描いているので、「何だかなぁ」といった印象ばかりが残った。

・フレドリック・ブラウン「発狂した宇宙」 
平行世界物の先駆となった古典的な作品。事故により、異世界に転移した主人公が、お尋ね者となり、星間戦争に巻き込まれ、元の世界に還る方法を模索する。
ディックの「虚空の眼」のように、あちこち飛ばされるのかと思ったがそういうわけではなかった。最後は元の世界に還るのではなく、主人公の望む世界に転移するのだが、なかなか小気味いい。

・ピエール・カミ「三銃士の息子」 
大デュマの「三銃士」シリーズの二次創作。ダルタニアン、アトス、ポルトスの共通の愛人だった女性から生まれた子供が主人公。アラミスは最後まで生きのびていたから登場させるのは具合が悪かったのか。
カミの奇想天外な悪ふざけはやや抑え気味だが(こう見えても抑え気味なのだよ)、原作がしっかりしているだけに、なかなか読ませる。プランシェの養女をめぐり、この主人公がフランス・スペインを又にかけ、大冒険をするというもの。牛頭の青年が最後に死んでしまうのは、話の収まりがつかなくなったためか。
ちなみにわたしは、「三銃士」シリーズを全巻通読していない。「ブラジュロンヌ子爵」の最初の巻で力尽き、挫折した。あの辺は流石になかなか読めたものではない。王侯貴族の男女関係の泥沼など、何ら興味を惹かれないのだ。ピューリタン革命を扱った、「二十年後」までは素直に読めたのだが。結局面倒臭くなったので、最終巻まですっ飛ばして、銃士たちのその後の顛末を確認した次第である。
尚、「ブラジュロンヌ子爵」の後半は鉄仮面事件を扱っているので、いずれ読んでみたいとは思っている。

IMG_5935.jpg

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エッフェル塔と幽霊船
ピエール・カミ「エッフェル塔の潜水夫」を読む。
ピエール・カミは、「ルーフォック・オルメス」や「クリク・ロボット」などに示されるように、奇想天外なナンセンスを得意とする人なのだが、「潜水夫」は、うって変わってオーソドックスな冒険小説の体裁をとっている。そのため、ナンセンスを期待した人にとっては物足りない感が無きにしも非ず。邦訳が少ないことから、わが国では本作がカミの代表作のようになってしまっている。しかし、この人の本領はナンセンスにあるので、読んだことのない人はそちらに触れて欲しいと思う。
序盤に主人公らしく振舞っていた少年が、途中から完全に脇役に回ってしまうなど戸惑う点もある。話の辻褄合わせも強引なので、どうせやるならナンセンスに徹したほうが良かった。
そうした欠陥も持つが、中々愉快な冒険小説であることは認めていい。この人にはこんな引き出しもあるのだ。わたしはこの作者をヴィアンになぞらえたことがあるが、今回はシューのような作風に転じたといえる。
作者の全体像を知るためにも、もっと多くの翻訳が出て欲しい。本国でも絶版状態が続いているようなので。

尚、ちくま文庫版の本作は、挿絵が真鍋博(星新一の小説でお馴染みの人だ)、解説は赤川次郎だった。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

湖のある風景
仕事の関係(一応)で、再び中国に赴いた。杭州である。
3日目の朝方に時間があったのでホテル付近を散策する。現地スタッフの話では、ここから西湖までは一時間程だという。さすがに一時間は歩けない。取り敢えず、行ける所まで行ってみよう、と一人でぶらりと歩き始めた。杭州の町並みは人通りが多い。行き交う人は十人十色である。電動キックボードに乗る人を見かけた。中国では自動車もバイクも電動化が進んでいる。問題は電力をどう供給しているかだが。原発はかの地でもあまり評判はよろしくないだろう。そんなこんなを考えながら、雑然と混み合った大通りを30分ほど歩く。と、大きな湖に出た。西湖だ。何だ、一時間もかからない。
西湖はほとりを歩くのが一番気分がいい。この後、遊覧船に乗る機会があったが、印象深いのは周辺の雰囲気である。朝方は太極拳に励む人がいるというが、この日は見られなかった。
司馬遼太郎は西湖の風とその匂いについて言及していたが、特に匂いは感じられない。だが、この雰囲気はとても落ち着く。写真を撮り、暫くぶらぶらと散策した後、ホテルへと帰還した。

IMG_4867.jpg IMG_4871.jpg IMG_4874.jpg IMG_4876.jpg IMG_4890.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

イメージの黄昏
安倍内閣の支持率がダダ下がりだという。勿論、喜ばしいことには違いない。この社会をこれ程までに破壊し続けた宰相は戦後存在しなかった。だが、この男がやらかしたことについて、どれだけの人が理解しているだろうか。率直に言って、かなり疑わしいと思う。
森友、加計で何か悪いことをやったらしい、稲田が自衛隊について失言したらしい、そして何よりも、安倍を支持しないことが今の流行らしい・・・・・・支持率の低下は、そういった漠然とした認識によるものではないだろうか。
例えば、安倍政権が倒れ、新しい内閣が発足したとする。そのとき、次の総理が安倍と全く同じ政策をとったとしても、高い支持率を得るのではないだろうか。あながち杞憂であるとは思われない。例えば小池百合子のような、今勢いのある人間が総理になった場合のことを考えてみるとよい。
結局のところ、評判を落としているのは「安倍」という看板のイメージであり、彼の行ってきた数多くの悪政に対してでは「ない」と思える。この先安倍政権が倒れたとしても、決して浮かれることは出来ない。

IMG_4705.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

雑想2017.7.2
都議選、わたしは東京都民ではないのだが、印象を一言でいうと、コレラが減衰してペストが蔓延したというところだ。まぁ、朝テレビをつければ連日都民ファーストの動向と、安倍政権の不祥事(何を今更)のニュースが流れてくるのだから、結果は目に見えていた。結局はイメージの抗争でしかない。
これをもって、遂に民意が目覚めたなどというのはおめでたいと思う。こんな事は今迄にも散々目にしてきた筈だ。

この間に読んだ本
・櫛木理宇「ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり」
相変わらずだが、シリーズの中では平均的な出来栄えか。この手の小説はさらりと早く読めるのはいいが、少し時間を置くと印象に残らなくなってしまうのは困ったものだ。つまり早い話、あまり内容を覚えていない。
・櫛木理宇「侵蝕」
洗脳ホラー小説。出来は決して悪くはない。だが、「一番怖いのは人間だ」という、尤もではあるがありきたりの結末は、流石に拍子抜けの感も否めない。
本作とは話がそれるが、この「一番怖いのは人間だ」というテーマは、一歩間違えると性格の悪いバカが暴れているだけの話にもなりかねない。やはり「一番怖いのは幽霊だ」という方向性は蔑ろにしないほうがいい。
・ブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」
いわずと知れた、古典的ホラー小説。ジャンルとしてあまりにも弄られ過ぎたため、中々原点を顧みる機会がないのが殆どだろう。改めて読むと、決して莫迦にできたものではなく、なかなか引き込まれる。19世紀末の小説作品として、もっと広く読まれていい。
・カール・セーガン「コンタクト」
北杜夫がやたら推していた作品。いつか読んでみようと思って延び延びになっていたものである。印象は、左程でもない。決して悪い作品ではないが、凄いとも思わない。主人公達の活躍が、全て無かった事にされていく件りはなかなか厳しく、結末で一応逆転(?)した格好になっているが、カタルシスはあまり感じない。両親との関係の方が、心に響いた。
出張中なので、感想は改めて更新する事としたい。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この素晴らしき新世界より
地獄の扉が開いた。まさか自分の目の黒いうちに、治安維持法が復活するとは夢にも思わなかった。共謀罪(組織犯罪処罰法改正案)は7月11日に施行されるという。明らかに、濫用することを狙って制定された同法であるが、どこから何をどのように着手していくことになるのか、現段階では予想もできない。ただ遠くない将来に、この社会に手酷い傷を残していくことはうたがいない。
わたしが共謀罪の名を初めて耳にしたのは10年以上前のことである。当初、この法律は「相談罪」と呼ばれていた。相談しただけで罪になるということからそう呼ばれることになったわけだが、この性格は共謀罪と呼ばれるようになってからも何ら変わっていない。
この国の住人がこの法律の危険性に気付く契機は、一切期待できない。仮に莫大な人間が検挙されたとしても「怖い怖い。日本にはこんなにテロリストが住んでいたんだ」、家族、友人が捕まったとしても「テロリストはこんなに身近に潜んでいたのか」と受け止められるだろう。公権力絶対の神話は揺らぐことがない。
私自身、幾度も国会近辺に足を運んだが、反応はきわめて小さく、集まる人々も限定的である。他国ではちょっとした不祥事でも膨大な人数のデモ隊が路上に溢れかえるものだが、この国ではどうだろう。マスメディアの責任は重大とはいえ、それだけで説明できるものではない。

今後、この国の言論・出版情況はどこに向かっていくのか。一例を挙げる。
クジラックスというマンガ家がいる。アダルトコミック界では一定の人気を博している作家で、わたしもその作品はよく知っている。この人物が、警察から呼び出しを受けた。理由は、「性犯罪者が、お前のマンガを読んで真似をした」ということである。
 

県警は今月7日に漫画家を訪ね、作品内容が模倣されないような配慮と、作中の行為が犯罪に当たると注意喚起を促すことなどを要請した。漫画家は「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と了承したという。県警幹部は「表現の自由との兼ね合いもあり難しいが、社会に与える影響を考慮した。同様のケースがあれば今後も申し入れを検討する」としている。(毎日新聞)

断筆宣言めいた事柄については作家自身によって否認されているようだが、これは決して毎日新聞の「飛ばし」と捉えるべきではない。警察は断筆強要も辞さないことを意識して今回の一件をメディアに公表したと考えるべきなのだ。「こういうものはもう描かせない」という警察権力の意思がそこに込められているのである。後段に「公権力が作品の内容に介入(申し入れ)することは当然」と謳われていることからも、それは決して杞憂ではない。
今回の事態を「朝憲紊乱の惧れがあるものを取り締まる」と置き換えれば、論理構造は明白だろう。クジラックスの一件は共謀罪の成立と決して無関係ではなく、この社会が監視・治安国家化する過程において、露骨に示されたひとつの証左と捉えるべきなのである。

我々に一体何が出来るのか?偽りの希望は提示したくない。出来ることなど何もないのかもしれない。このブログもいつまで続けられるか判らない。
わたしの敬愛する石川淳の描く主人公達は、どん底の状態において、その果てしない絶望を力の湧く源泉として提示した。「黄金傳説」はその典型である。わたし達がそのような「生」を力強く選択できるかどうかはわからないが、今回の敗北を受けとめながら、まずは生きなくてはならない。
生きることである。

IMG_5687.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

読書録補遺
先日の読書録で、抜けがあったのに気が付いた。
書物の題名は「毒ガス帯」で、作者はコナン・ドイル。コカイン中毒の探偵が活躍する話で有名な作家である。
本作はチャレンジャー教授が活躍する話で、「失われた世界」の系譜に属する。地球が謎の毒ガス帯に覆われ、人類滅亡の危機に陥るというもの。死屍累々のロンドンの様子は中々迫力があり、小松左京の「復活の日」を連想させた。勿論小松はこの作品を読んでいた筈である。
シリーズ物のお約束とはいえ、最終的にハッピーエンドになってしまうのが拍子抜け。皆殺しにしてはシリーズが終ってしまうので致し方ないのではあるが。
尚、本書には併録作が二本あるが、「地球の悲鳴」は私のお気に入り。地球に鉄槌を打ち込んで悲鳴を上げさせるというバカバカしいアイディアであるが、身も蓋も無いべらぼうさが心地よい。西尾維新の「悲鳴伝」とは違い、こちらは誰も死ぬことはないので、念の為。
ドイルの創作はSFや歴史物も数多いので、もっと読まれてしかるべきである。作品が絶版になっているのが残念なところだ。

ちょっと必要があって、山海関事件のことを調べていた。1933年のこと、京奉線山海関駅付近での爆破事件を機に、支那駐屯軍山海関守備隊と国民革命軍第九旅の間に勃発した戦闘である(戦闘には関東軍、帝国海軍も続いて参加した)。今日では落合甚九郎少佐の指揮による謀略事件として大方の見解は落ち着いている。だが、日本はこれを機に熱河侵攻、そしてリットン報告書への決議を受け、国際連盟脱退へと雪崩れ込むこととなる・・・
そういえば、共謀罪に対する国連からの書簡に嚙み付いていた官房長官がいたな。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター